0227
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

舞台『笑ってもいい家』で主演を務める中村アン「今やらなかったら後悔する」初舞台への背中を押した思いと、大切にしているチア・スピリット

SNSでの感想
中村アンさん 撮影/樋口涼、ヘアメイク/渡嘉敷愛子、スタイリスト/小原優子
目次
  • 舞台は自由度が高い
  • 舞台は劇場に行ったからこそもらえる刺激や感動がある
  • 「頑張った先の景色が見たい」

 これまで数々のドラマや映画に出演し、強さやひたむきさを感じさせる演技をみせてきた女優の中村アンさん。そんな中村さんが出演する舞台『笑ってもいい家』が、7月1日から9日まで、東京・六本木の俳優座劇場で上演されます。本作は、旗揚げ以降ファンタジー作品にこだわってきた演劇集団「Z-Lion」が、世界観を変えて挑戦する現代劇の第二弾。

 中村さんが演じるのは、ある出来事がきっかけで仕事を辞め、都会から少し離れた場所で同年代の若者達と共同生活を始めた吉澤朱音。稽古が始まった中村さんに、舞台挑戦への思いや、学生時代にやっていたチアリーディングから学んだことなどをお話していただきました!

舞台は自由度が高い

──今作が初めての舞台で初主演となりますが、今どんな手ごたえを感じていますか?

 実はお稽古が始まったのが最近なので、まだ4回ぐらいしかしていないんですよ(※取材は6月中旬)。昨日もキャストみんなで全体的なストーリーや構成について、意見を言いながら二転三転したので、きっとここからまたいろいろ変わっていくんだろうなという感じです。

──これまで出演されてきた映像と舞台の違いを、今どんなところに感じていますか。

 舞台は、役や作品のことを一人で考えるのではなく、みんなで一緒に作っていくのをすごく感じますね。あとは「こうじゃなきゃダメ」みたいなこともないので、本当に自由度が高いなと思います。

──最初の脚本や演出通りにはいかなくなりそうですね。

 わりとギリギリまで「ああだこうだ」しながら作っていく、ということはお聞きしていたので「こういうことか!」って思いました。今まで出演してきた映像作品では、お話がわかったうえで演じることのほうが多かったので、お稽古を通して本番までに舞台を作り上げていく作業が新鮮です。ここからさらに頑張りたいなと思います。

中村アンさん 撮影/樋口涼

──本作で中村さんが演じるのは、ある出来事をきっかけにカメラマンの仕事を辞めた吉澤朱音です。この役どころを伺って、また、脚本を読んでみてどんな女性と感じましたか?

 あまり深いことはお話できないのですが、訳あって抱えているものがある女性で、それと向き合いながらも現実からは逃げられない。それでも周りの人たちに助けてもらいながら、前向きに生きている人です。少し重めに聞こえるかもしれないんですけど、そこまで深刻すぎず、テンポのいい明るい人だと思っています。

──作品紹介で「朱音たちは本当に笑ってもいいのか」という最後の一文が気になっています。どんなストーリー展開になっていくのか、ドキドキです!

 ちょうど昨日、みんなで初めて本読みをしたのですが、終わった後「ポーン」って放心状態になっている人が多くて。「あ、そういうことだったんだ!」みたいな感じをキャスト全員が感じたんじゃないかな。きっと、みんな途中まで「こう来るんだろうな」って予想したり考えたりしていたと思うんです。だけど、中盤くらいからグッと話が転換して、キャスト一人一人が、いろいろと気になっていくんですよ。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0