0624
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

映画『宇宙人のあいつ』主演の中村倫也「役者が『感動させよう』とすると興ざめしちゃう」ものづくりのキモ語る

SNSでの感想
中村倫也さん 撮影/有村蓮、ヘアメイク/Emiy(エミー)、スタイリスト/戸倉祥仁(holy.)
目次
  • 地球に来て勉強している子どものような感じ
  • 事前に打ち合わせするよりも「やったその場で何が出るのか」楽しみだった
  • 不意打ちのようにグッときてもらえるような作品になったら
  • 日出男の根底にあるものが如実に出たシーン

 近年では「人と狐の間に生まれた」と噂される安倍晴明や、難聴に苦しんだ天才音楽家・ベートーヴェン、見たものを写真のように記憶する能力で司法試験に一発合格した弁護士と、さまざまな役柄で見る者を魅了し、楽しませてくれる俳優の中村倫也さん。

 そんな中村さんが最新作で演じるのは、なんと土星人!? 公開中の映画『宇宙人のあいつ』は、地球人になりすましてきた宇宙人が、地球を離れるまでの3日間で人間としてやり残したことに奮闘する姿を描いたコメディです。

 本作で、人間の生態調査のため、23年前に土星から来た「トロ・ピカル」こと、真田家四兄妹の次男・日出男を演じた中村さんにインタビューを敢行! 前編では、撮影中の思い出や、役として、一観客として“ホロッ”ときたシーンなどを伺いました。

地球に来て勉強している子どものような感じ

──今回は宇宙人という役どころでしたが、特別な役作りはされなかったそうですね。日出男を演じるうえで何か気をつけたところはありましたか?

 会話のグルーヴ感で進んでいくシーンが多かったので、気をつけていたことといえば、その全体の感じですかね。その中で「日出男」としていることくらいでした。設定として経過している時間や体感、ちょっとズレているキャラクター性などを踏まえたうえで、あとは自分の感覚です。

 日出男はわりと周りを観察して、勉強しているという要素が多かったので、自分の役を表現するというよりも、全体のニュアンスにフォーカスしていることが多かった気がします。日出男は人間の生態を調査するために地球に来て、彼の体感では1年の間ですが、地球上での見た目は年相応というよりも、勉強している子どものような感じなのかなと思いました。

──実際に演じてみて、日出男の魅力や好きなところを教えてください。

 小さいころ、大人の会話を聞きながら「何の話してんのかな?」と思ったり、100%理解できないまでも、話している人の雰囲気を見ていたりしたことってあったじゃないですか。そういうノリが日出男にもあるかなと思ったし、そこがかわいらしいところなのかなと思いました。

中村倫也さんとフムフムニュースのマスコットキャラクター・フムッフィー 撮影/有村蓮

──飯塚(健)監督から「こういう風に演じてほしい」という助言などはありましたか?

 特にはなかったです。「名前を呼ばれるときの振り向き方をどうする?」とか、「最初に宇宙人としての能力を使うポーズはどんなイメージですか」というやり取りはしましたけど、 それ以外は基本的に他のみんなも何もなかったと思います。

中村倫也さん 撮影/有村蓮

──今作は、朝食のときに大切なことを家族に話す「真田家サミット」など、食べるシーンも多く出てきましたね。食事のシーンが一番難しいとおっしゃる俳優さんもいらっしゃいますが、中村さんはいかがでしたか?

 たぶん、役者も2タイプに分かれるんですよ。食べる前と後のつながりを気にするとか、マナー的に見ている人が不快にならないようにと思うタイプの人と、口に食べ物を入れながら話していても別に気にしないっていうタイプ。今回はわりと後者寄りの4人がそろっていたので、みんな特別気にしたり意識したりはしていなかったと思いますよ。僕も食事シーンに対して特に苦手意識はないですし、あまり気にせずやっていました。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy