0720
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
芸能

山崎裕太、UVERworld・TAKUYA∞からの“究極の質問”で「自分が変わった」50歳までの密かな野望も明かす

SNSでの感想
山崎裕太さん。芸能界での交友関係が広い山崎さんならではのエピソードがたくさん飛び出しました! 撮影/矢島泰輔
目次
  • 今、変わる? そう決意させてくれた親友・TAKUYA∞の存在
  • 生きる覚悟を決めたら、謝ることも簡単になった
  • 「山崎裕太の芝居を見て、“すげぇ”って思わせたい」
  • 求めてもらえるなら、なんでもいい。結婚願望は──?

「昔から、会ったこともない女優さんと“付き合っている”ってウワサが勝手に流れるんです。その当時活躍している女優とは、だいたい付き合っていたことになってますね(笑)」

 そう話すのは、35年以上の芸能活動歴を持つ俳優・タレントの山崎裕太さん。7年4か月にわたって出演していた人気バラエティ番組『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)で活躍し、一躍有名に。2023年7月1日放送の特番『あっぱれさんま大先生2023同窓会スペシャル』(フジテレビ系)では、企画の発起人となり、今は芸能界を引退している仲間を含め、12人の生徒を集めて同窓会の開催を叶(かな)えました。

 山崎さんが初めて主演を務めたのは小学生のとき。以降も映画やドラマ、舞台など多くの作品で評価され、バンドデビューも果たすなど、多方面で活躍してきた山崎さんの交友関係はとにかく広い。そんな交友関係を深掘りしながら、仕事とプライベートのバランスの取り方や、42歳を迎えた今の目標についてなど、時間の許す限りたっぷりと教えていただきました。

今、変わる? そう決意させてくれた親友・TAKUYA∞の存在

 10代のときは、人の好き嫌いも激しかったと思います。自分の気に入った人や、波長が合う人しか受け入れられなかったというか。相手のいいところを見られるようになったり、自分のダメなところを認められるようになったりしたのは30歳を超えてからですかね、きっと。……遅いですね(笑)。そのきっかけを作ってくれたのは、UVERworldのTAKUYA∞です。

 やっぱり、彼のバンドがすごくなればなるほど、いろんな人が寄ってくるじゃないですか。それこそ自分にもそういうときがあったなと。テレビに出れば出るほどいろんな人が寄ってきて、何かよくないことが起こると、蜘蛛(くも)の子を散らすようにパーッと去っていく。そういうのを嫌というほど経験してきたから、僕もTAKUYA∞の状態を注意深く見ていた時期があったんです。変なヤツが寄ってきたら「あいつはやめたほうがいい」とか言ったりしてね。でもTAKUYA∞は、「俺は自分でジャッジするんだ」と。

 そこから僕は何も言わなくなったけど、TAKUYA∞に寄ってくる若い役者の男の子の中には、「裕太くん怖いっす」と言うような人もいて。昔のイメージが強かったんでしょう、「ちゃんと挨拶しろよ」とか言うタイプでしたから。そう思われてるならそれでいいと思っていた僕に、TAKUYA∞が言ってくれたのは、「俺はお前のいいところを知っていて、いざとなればそれを周囲に話せるけど、お前自身がそういう態度をとってしまったら、勘違いされる。お前は半径5メートル以内にいるヤツはみんな大事にしてくれるけど、そこから一歩でも外に出ると全員敵、みたいな見方をするから。俺はお前と一生友達でいるし、この先も離れないけど、お前が何も変わらないなら、今後自分が仲良くなった人にお前を紹介できない」ってこと。

 そのとき、僕はお酒を飲んでいたのですが、「今日ここで変わるかどうか決断してくれ」と言われたんですよ。え、今ここで!? と思ったけど(笑)、あまりにTAKUYA∞が熱かったから。一瞬、考えてしまったものの、親友にならその場で「変わる」と言えたんです。世間の人に宣言するのはすごく難しかったけど、親友にだったらって。

 具体的にどう変わるかはわからないけど、決意させてくれたのは間違いなくTAKUYA∞。そこからは、人の悪いところじゃなくていいところを見て、その場の空気が悪くならないようにするほうが楽だなって思えるようになったんです。

山崎さんは「TAKUYA∞にはいい刺激をもらい続けています。ありがたいですね、本当に」と 繰り返した 撮影/矢島泰輔
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy