0614
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
バラエティ

『アタック25』優勝のクイズ王・日高大介、勉強は得意? 印象深い問題は? 必勝法は? 気になる疑問をぶつけてみた

SNSでの感想
日高大介さん。お話を伺い、その記憶力のよさに驚かされました
目次
  • 幼稚園児のころにクイズ番組で足し算を習得、中3で『アタック25』に初挑戦
  • 『クイズ王決定戦』の招待状に感激! 予選で思い出深い問題は──?
  • 『アメリカ横断ウルトラクイズ』問題集16年分をオリジナルノートに凝縮
  • 『アタック25』本選では“必勝法”が裏目に。『ミリオネア』では悔しいミスも

 カメラの前で“アタックチャンス”のポーズを決める男性の名は、日高大介さん(45)。クイズ好きなら、その名前を目にしたことがあるかもしれません。高校2年生で『第14回全国高等学校クイズ選手権』(日本テレビ系)の静岡県代表となり、その3年後には『パネルクイズ・アタック25』(テレビ朝日系)で優勝という、華々しい経歴の持ち主です。

 2006年に『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)にクイズ作家として参加してからは、プレイヤーのみならず、クイズ作家としての仕事やクイズ本の執筆など、多岐にわたる活動をしています。

 今回は日高さんに、クイズに魅せられた半生について語っていただきました。

幼稚園児のころにクイズ番組で足し算を習得、中3で『アタック25』に初挑戦

──クイズ番組に興味を持ち始めたのはいつごろからですか?

「幼稚園の年長くらいですね。1歳から6歳まで宮崎市内に住んでいて、その後、親の転勤で宮崎県の最南端にある串間市に引っ越しました。そうしたら、鹿児島県内のテレビ局が映るようになったんですよ。宮崎市は民放のチャンネルが2つしかなかったのに、引っ越したら4つに増えたんです(笑)! 幼稚園のころに大好きだったのが『スーパーダイスQ』('80年~'84年/TBS系)というクイズ番組で、2個のサイコロを振って、出た目の合計の数字をもとにパネルを消していくコーナーがあったんです。その番組のおかげで、小学校に入学する前に足し算ができるようになりました

──9歳から19歳までは静岡県浜松市で過ごしたとのことですが、学生時代は勉強が得意でしたか?

「自分で言うのもなんですけれど、勉強はできましたね。国語・数学・英語の3教科が得意でした。一度、中学2年生の秋、静岡県統一の3教科テストという実力試験があり、県内唯一の300点満点を取ったことがありました。それが人生の学力のピークだったかもしれません(笑)

──クイズ番組に応募したのは『高校生クイズ』(『全国高等学校クイズ選手権』)が最初でしたか?

いえ。中学3年生のときに『パネルクイズ アタック25』に初めて応募したことがありました。当時、中学生大会があったのですが、静岡で予選大会が行われるのはかなりレアだったので応募しました」

──『アタック25』の中学生大会では、どのような成績が残せましたか?

「予選では、ペーパーテストで最高得点を取れたんです」

──記憶に残っている問題はありますか?

「'92年に予選を受けたのですが、1問目で初めて正解した《先日のバルセロナ五輪で、14歳と日本人最年少で金メダルを獲得した水泳選手は誰でしょう》という問題が思い出深いですね。答えは、僕らと同世代の「岩崎恭子さん」です。“今まで生きてきた中でいちばん幸せです”の名言で有名ですよね。中学生大会だから出題されたのかもしれません。その後に面接もあったのですが、そこでチャゲアス(CHAGE and ASKA)のモノマネをしたんですよ。『SAY YES』を熱唱したらスタッフさんにすごくウケまして……。内心、“これは通ったかな”と思っていたら、いつまでたっても連絡が来ず……。気づいたら中学生大会の放送が始まっていました(笑)。出場していた生徒さんを観ていたら、質実剛健、文武両道みたいな、まじめなタイプが選ばれていて、キャラ作りを失敗したなと感じました(笑)」

「まじめ系のキャラにも持っていけたのに……!」と真剣な顔で冗談を言う日高さん

『クイズ王決定戦』の招待状に感激! 予選で思い出深い問題は──?

──中学生にして、濃い経験を積んだのですね。

「中学時代には、他に『FNS1億2000万人のクイズ王決定戦』(フジテレビ系)という番組にも挑戦しているんです。初めて参加した『クイズ王決定戦』の予選が中2の2月にありました。この番組は年齢制限がなかったので、鈍行の列車に2時間揺られて、静岡市まで喜んで受けに行きましたね。第3回大会で、同じ歳の深澤岳大くん(元クイズ作家)という子が全国ベスト100に残っていたんです。“なんと彼は14歳で、今回の最年少です!”って紹介されているのを観て、ビックリしましたね。自分のことを“同年代でこんなにクイズ好きなやつはいないし、僕がいちばん強いだろう”って勝手に思っていたので(笑)、彼の存在に驚きました

──『クイズ王決定戦』の思い出はありますか?

「最初は深澤くんに触発されて、“僕も全国100位に残れるかも……”と軽い気持ちで応募ハガキを出してみたんです。あるとき中学校から帰ってきたら、家のテーブルの上にピンク色の封筒が置いてあって、よく見たら差出名に“株式会社フジテレビジョン”と書いてあった。根が田舎者ですから、あの封筒が届いたときの喜びは、一生忘れられないですね。“あの東京のフジテレビから本当に予選通知が来た!!”と、ワクワクするような、言い表せない感動。封筒を開けたドキドキの瞬間も、今も鮮明に覚えています

──『クイズ王決定戦』では、どこまで残ることができましたか?

予選のペーパーテストで落ちました。しかも参加人数が多く、予選前の『予備予選』で落ちたんです。あれはショックでしたね。当時はちょうど相撲界で“若貴ブーム”が起きていて。第1問目は《現在の幕内力士のうち、身長が203センチといちばん高い力士は誰?》という問題が出て、まったくわからなかった。でも2問目で、《2か国語を話せる人はバイリンガル。では3か国語を話せる人を何という?》という問題が出て、解答用紙に『トリリンガル』って書けたんです。その答えを書いたときは、シャーペンの芯が震えるほど興奮しました

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy