0224
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

【朝ドラ『らんまん』ここが気になる#16】万太郎の藤丸へのアドバイスが「世界に一つだけの花」だった

SNSでの感想
『らんまん』主人公の槙野万太郎を演じる神木隆之介 撮影/伊藤和幸
目次
  • 「植物大好き」だけを脱して立派な人格者へ
  • 植物図鑑出版の資金はどこから……?

 『らんまん』第16週、万太郎(神木隆之介)は「日本植物志図譜第二集」を完成させ、次なる出版に向け植物採集の旅に出て、帰ってきたその日に妻・寿恵子(浜辺美波)が出産するという幸運ぶりを発揮した。

 万太郎の幸運は、東大植物学教室4年の藤丸(前原瑞樹)が指摘していた。「万さん、運がいいもん。全部うまくいくもんね。運の悪い人のことなんか、わかんないよね」。藤丸が悩みを語る中での発言だった。教授の田邊(要潤)と留学中の伊藤孝光(落合モトキ)の「新種」発見をめぐる熾烈(しれつ)な争いを見て、その世界についていけない自分を知った藤丸が万太郎の住む長屋を訪ね、大学を辞めようと思っていることを話す。前週も書いたが、「万太郎はもののわかった大人だよキャンペーン」が絶賛展開中だから、ここから長い語りになる。

『らんまん』で植物学者・伊藤孝光を演じる落合モトキ 撮影/高梨俊浩

 「すまん。藤丸のつらさ、わかっちゃあせんかった」と謝り、「万さん、運がいいもん」と言われると、「わしは運が悪いとかええとか、そういう話はしちゃあせん。わしは藤丸次郎の話をしゆう」と言う。そして藤丸のことを「人の痛みがわかりすぎるくらいわかる。その分、競い合いは苦手で、(そういう場面に接すると)息も吸えなくなる」と定義し、それが「特性」だと言う。そして、特性がわかったのだから「探したらええ」という。何を探すのか。そこからの台詞を再現する。

 「この世でただ一つの藤丸次郎におおたやり方を、徹底的に人のおらんところを探したらええ、競い合いは生まれんき。徹底的に自分の道を見ゆうほうが、人とかぶらん道を見つけられるかもしれん。大学を休んで、ゆっくり落ち着いて探したらええ。弱さもよう知ったら、強みになる」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 1
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 1
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0