0624
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

『ロミオとジュリエット』に挑む高杉真宙「潔く身を引くような、聞き分けのいい恋愛はしないほうがいいと思う」

SNSでの感想
高杉真宙さん 撮影/山田智絵
目次
  • ロミオは「まっすぐにアホだな」って思う
  • 舞台はリセットができる場所

 13歳で俳優デビューして以来、数々の映画、ドラマ、舞台で活躍を続ける高杉真宙さん。NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』、映画『東京リベンジャーズ』シリーズなど、話題作に次々と出演し、2024年は大河ドラマ『光る君へ』も控えている。この秋には『ロミオとジュリエット』のロミオ役で舞台に立つ。今や引っ張りだこの人気俳優の高杉さんにインタビュー。【前編】では、ロミオを演じる意気込み、舞台を大切にしている理由などについて語っていただきました。

ロミオは「まっすぐにアホだな」って思う

──『ロミオとジュリエット』にはどんなイメージを持っていましたか?

 シェイクスピアの作品には、主人公たちが理不尽に立ち向かうイメージがありますがロミオとジュリエットは、それに立ち向かえなかった人たちというイメージです。若さゆえに起きてしまった悲劇という感じがすごくしますね。俳優という職業をやっていくうえでシェイクスピア作品への強い憧れがあったし、『ロミオとジュリエット』は20代のうちにやってみたかったので、ぜひ挑戦したいと思いました

──世界的に有名な物語である『ロミオとジュリエット』でロミオを演じるにあたり、どのような高杉さんらしさを出したいと考えていますか?

 これまでロミオを演じられた方たちが、どんなふうに演じてきたのかというのを僕自身がちゃんとわかっていないので、突き詰めた結果、似たり寄ったりになってしまうかもしれないですが。でも、僕が演じることが変化につながると信じてやっていきます。

 僕は、ロミオはまっすぐにアホだなって思っているんですね。まっすぐすぎるところがあるから、そこはできる限り純粋に演じていきたいです。

高杉真宙さん 撮影/山田智絵

──今回が初共演となるジュリエット役の藤野涼子さんの印象は?

 すごく優しい空気をまとった方だなっていう印象です。お話ししていてもそれは変わらず、すごく落ち着いていらっしゃって、安心するなと思いました。

 『ロミオとジュリエット』のような戯曲で特に詩が多い作品には、独特のリズムがあると僕は思っていて。そのリズムが心地いい台詞の間だったりタイミングだったりするんだろうなと。稽古に入る前の本読みをしたときに、藤野さんのリズムはご自身のリズムなんですよ。

 それが僕が思っている作品のイメージのリズムと違うリズムで。でも、作品を壊さずにすごくハマっているリズムなんです。それがうらやましくて仕方なくて。

──それは、高杉さんの演技にもいい化学反応がありそうですね。

 そうですね。本読みで1パートごとに少しずつ言い方を変えてみたり、台詞を言っているだけでも楽しいですし、本稽古が始まるのがすごく楽しみです。

ロミオとジュリエット

 

【ストーリー】ヴェローナの敵対する名家、モンタギュー家のロミオ(高杉真宙)とキャピュレット家のジュリエット(藤野涼子)は、仮面舞踏会でお互いに何者かを知らぬまま、出会った瞬間に恋におちる。すぐに家が敵同士と知るが愛を誓い合い、ひそかに結婚式を挙げるが……。若者の疾走する激しくも悲しいたった5日間の恋を描いた、ウィリアム・シェイクスピアの代表作。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy