0518
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ

人生100年時代。今や日本人のおよそ半分は50歳以上です。「NEOFIFTY」では、これから50代を迎える人にとって、その先にある老後が「終活の始まり」ではなく「新しい人生がもう一度始まる」と思えるように、素敵な生き方をしている人たちの言葉を紹介していきます。

ドラマ・映画・舞台

斉藤由貴が思い描くこれから。「本当に自分がどうしたいのかをちゃんと自分に聞いて、歳を重ねていきたい」

SNSでの感想
斉藤由貴さん 撮影/松島豊
目次
  • 『レ・ミゼラブル』のコゼット役が大きな転機に
  • 芸能界入りした長女・水嶋凛には「よかったね」
  • 自分がどうしたいかを聞いてくれるのは、自分だけ

 2023年で俳優デビュー38年目を迎えた斉藤由貴さんが、7月26日から4年ぶりの舞台となる奏劇vol.3『メトロノーム・デュエット』に出演する。ロングインタビュー【後編】では、50代を迎えてからの心境の変化、女優人生の分岐点、女優デビューした長女について、大切にしていることなど、プライベートについても語ってもらった。

『レ・ミゼラブル』のコゼット役が大きな転機に

──現在56歳ですが、50代を迎えてから考え方などで変化したことはありますか?

 「それはもう、ものすごく。いちばん大きいのは、未来を見るんじゃなくて、残り時間を数えるようになってきましたね。あとどれぐらい俳優をやっていられるのかなとか。あとどれぐらい生きられるのかなとか。そういうふうな発想に変わってきました」

──それによって、女優としてやってみたい仕事など、変化があったのですか?

 「正直に言いますと、テキトーなのは昔から変わらないんですけど(笑)。私は基本的に台本を家に持ち帰らないので、なんとなくこんな感じって、もう何十年もやってきちゃったところがあって。役作りも、私がその場でどう感じたか、どう言いたいか、どう放出したいか。私がそのときどんなふうに真剣に自分のエネルギーを本番にぶつけるかっていうことがすべてでしょ、って思っていて。

 すごく傲慢(ごうまん)な言い方ですけど、それに文句は言わせないっていうくらいの気持ちで、やっているところが強いんです。だからある意味、作品に対してわりとケンカ腰というか(笑)。それに拍車がかかった部分はありますね。もう残り少ないし、好きなようにやろうと。現場で、演出部とケンカにならない程度に(笑)」

──(笑)熱くていいですね。これまでのお仕事や人生経験を振り返って、転機や分岐点になったと思う出来事はどんなことでしょうか?

 「さすがに38年ぐらいのキャリアがあるので、転機はたくさんあった気がするんですけど。舞台に特化して思い出すと、21歳のときに、ミュージカル『レ・ミゼラブル』の初演(1987年)でコゼット役をやったことですね。演出家もスタッフも英国のカンパニーの方だったんですけど。同じ役のメインキャストがいて、セカンドがいて、アンダースタディがいて、それで週に公演は何回で、そのうちメインの人が何回やって、セカンドが何回やるとか、厳密なシステムがあるんですね。

 それで、Wキャストの人の公演を観たときに、明らかに役柄によって音声の調節があったんです。それに気づいたときに、物語の規模がいろいろあるけれども作品によって、その役柄に求められる範囲があるんだなってことを、すごく思い知らされました。自分が必死になって頑張るとかっていうのを超えたところの、この作品におけるあなたの役割はこれぐらい。このシーンは、あなたはこれ以上のことはやるべきではない。みたいなことが、言われないけど実は厳密に決まりがあって。

 で、そのときに、自分のその仕事の中での役割をちゃんと認識することと、そこからはみ出ないことの重要さの客観性みたいなものを、自分ですごく怜悧(れいり)に学習していくことが必要だなって、すごく感じたのを覚えていて」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy