0619
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ

若い世代や海外からも注目されている昭和ポップス。本連載では、'80年代をメインに活動したアイドルの『Spotify』における再生回数と当時のCD売り上げをランキング化! データから過去・現在のヒット曲を見つめ、さらに、今後伸びそうな“未来のヒット曲”へとつながるような考察を、歌い手本人や関係者への取材を交えながら展開します♪

音楽

酒井法子、自身の“マニアックぶり”指摘され大爆笑! 今後の人生の歩み方を相談した由紀さおりから受けた教えとは

SNSでの感想
のりピーこと酒井法子。インタビューを通して、自身の楽曲への深い愛が伝わってきた 撮影/矢島泰輔
目次
  • カップリングの人気曲を分析!グアムのイベントでの“まさかのハプニング”も語る
  • 第59位の「ホワイト・ガール」は当時の心情とリンクした「心から大好きな曲」 
  • アルバム『Premium Best』の選曲は、酒井法子の“マニアック精神”が炸裂!
  • 新曲「Funny JANE」は森雪之丞×伊澤一葉の才能が光る、カッコいい作品に
  • 由紀さおりの言葉に励まされた酒井法子、今送るリスナーへのメッセージとは
What's「未来へつなぐ昭和ポップス」?

 今、若い世代からも、また海外からも熱い注目を浴びている昭和ポップス。昨今では、音楽を聴く手段としてサブスクリプションサービス(以下「サブスク」)がメインで使われているが、必ずしも当時ヒットした楽曲だけが大量に再生されているわけではなく、配信を通して新たなヒットが生まれていることも少なくない。

 そこで、本企画では1970年、80年代をメインに活動した歌手の『Spotify』(2023年7月時点で5億1500万人超の月間アクティブユーザーを抱える、世界最大手の音楽ストリーミングサービス)における再生回数をランキング化。当時のCD売り上げランキングと比べながら過去・現在のヒット曲を見つめ、さらに、今後伸びそうな“未来のヒット曲”へとつながるような考察を、本人または昭和ポップス関係者への取材を交えながら進めていく。

 今回も、酒井法子とともにSpotifyでの現在の人気曲を考察していく。最終回は、TOP10圏外の隠れ名曲や、本年発売されオリコンCDアルバムランキング35位に登場した『Premium Best』を中心に語ってもらった。

カップリングの人気曲を分析!グアムのイベントでの“まさかのハプニング”も語る

 '95年に「碧いうさぎ」、'96年に「鏡のドレス」が2年連続したヒットした酒井は、'97年から'00年にかけて河村隆一、辛島美登里、藤井フミヤ、原由子といったシンガーソングライターからの楽曲提供でフェミニンなポップス路線を開拓し続けた。中でも、'97年の「涙色」は同年にソロ作品が立て続けに大ヒットした河村隆一が詞曲を手がけ、シングル売り上げは10万枚を突破、Spotifyでも第17位となっている。

「河村隆一さんがレコーディングのときも見に来てくれたのですが、彼自身、歌がめちゃくちゃうまいので、プレッシャーを感じつつ(笑)、ドキドキしながら歌いました。ステージで歌う機会がなかなかないんですが、今でもすごく好きな歌です」

 SpotifyランキングのTOP30を見てみると、第16位に「Bタイプが好き」(シングル表題曲は「GUAMBARE」)、第23位に「ワガママ・シンドローム」(同「男のコになりたい」)、第25位に「うれし涙」(同「軽い気持ちのジュリア」)、第27位に「Dream Call」(同「Love Letter」)と、シングルのカップリング曲が健闘しているので、それぞれの魅力を酒井に語ってもらった。

『Bタイプが好き』は、A面の『GUANBARE』が春らしくて、元気が出るから好きという方も多いので、それに付随して人気な気がしますね。『ワガママ・シンドローム』は、デビュー曲のカップリングということもあり、デビュー・イベントのとき、『男のコになりたい』と必ずセットで歌っていたので、ファンの方にとっても思い出深いんじゃないでしょうか。特に、グアムでのファン・イベントの際、水上ステージが暑すぎてカセットテープが伸びてしまったのか、ブァーン、ブァーン♪ って、相当に引き伸ばされたイントロ音が流れてきて。“どうやって歌おう……”って困った記憶があります(笑)。

『うれし涙』は、オリジナルビデオアニメ『電影少女』の主題歌効果でしょうね。とっても大好きなエンキョーさん(シンガーソングライターの遠藤響子。'97年までの芸名は遠藤京子)の作詞・作曲です。それまではディレクターさんの意向でさまざまな作家さんの曲を歌っていたのですが、エンキョーさんは、ディレクターさんが共通していることもあり、シングル『All Right』から毎年のように書いてくださったんですね。エンキョーさんの曲は心をえぐるような歌詞が多くて、泣きすぎてタオルが手放せません。外出時に聴いていると思わず号泣してしまって、“あの人大丈夫?”って周りから心配されそうなほど。ご自身は、とてもカッコいい女性なんですよ! 

 そして『Dream Call』は、CMソングになりそうなほどキャッチーなアイドルソングだから、人気なんだと思います

 こんな風に、たとえ目立たないカップリング収録曲でも、それぞれの魅力をリスナー目線やディレクター目線も交えつつ自分なりの考えをまとめるのが、“酒井法子の流儀”と言えそうだ。なお、Spotify第43位の「有縁千里(ヨゥユェンチェンリ)」は、中国語でのデュエット曲で、「自分のパートは意外と今も歌える」とのこと。中国本土ではSpotifyではない別のストリーミングサービスが圧倒的に使われているため、ここでは顕著な数字に現れていないが、今でも根強い人気があるようだ。

ランキング表を片手に生き生きと自身の考察を語ってくれた 撮影/矢島泰輔
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy