0415
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
BOOK

恩人は“テリー伊藤”と“大谷翔平”。勤め先を失った無名の会社員が、売れっ子作家になった奇跡の理由と人生の波に乗るコツ

SNSでの感想
テリー伊藤(左)、大谷翔平(右)
目次
  • 1人目の恩人はテリー伊藤さん!
  • 2人目の恩人は大谷翔平選手
  • 人生は、偶然の積み重ね

 私は、いまでこそ本の執筆を生業(なりわい)にしていますが、もともとは何の取りえもない、ただの会社員でした。

 入社1年目に、アメリカ横断ウルトラクイズ(以下、ウルトラクイズ)で準優勝したことや、たまにテレビのクイズ番組に出ることがあったとはいえ、それだけで本を出せるようになるほど世の中は甘くありません。

 では、そんな私がどうして本を出版し、累計販売部数が50万部を超えるまでの作家になることができたのか?

 今回は、ただの40代会社員が「偶然の積み重ね」と「2人の恩人」のおかげで、作家になれた話。

◇   ◇   ◇

1人目の恩人はテリー伊藤さん!

 子どものころから、自分が書いた文章やマンガを友達に読んでもらうことが好きだった私は、新卒入社した会社で広報部門に配属され、社内報やプレスリリースを担当するようになりました。

 つまり、子どものころから好きだった「書いたものを読んでもらう」という仕事に就くことができたわけです。

 もし、そのまま何も起こらなければ、たぶん定年まで、この会社にいたことでしょう。
しかし、入社して20年以上がたったころ、大事件が。

 その会社が突然、解散(グループ会社のひとつでしたので、倒産ではなく解散でした)してしまったのです。

 幸い、グループ会社の中の1社に転職し、無職にはなりませんでしたが、人生観が大きく変わり「フリーランス(作家)になる」ことを意識するようになりました。

 そんな私が、作家に転身できた理由を考えたとき、編集者さんと本を買ってくださる読者のみなさん以外で、2人の恩人が頭に浮かびます

 まず1人目の恩人はテリー伊藤さん。

 私のデビュー本は『壁を越えられないときに教えてくれる一流の人のすごい考え方』(アスコム社)という、舌をかみそうな長いタイトルの本です。複数の出版社さんに企画書を送った中で、アスコム社の編集者さんからオファーがあり、2012年9月、出版に至りました。

 この本は、イチローや岡本太郎など、さまざまな有名人のエピソードをクイズ形式で紹介し、生き方のヒントにしてもらえるようにまとめたものです。

 出版社としては、私のプロフィールの中の「アメリカ横断ウルトラクイズ準優勝」という肩書を見て、クイズ形式の本を出す人物としてギリギリ及第点を出してくださったのでしょう。

 しかし、世間一般から見れば、どこの馬の骨かわからない無名の新人です。普通に考えれば、この本がヒットする可能性は極めて低いのが現実でした。

 しかし、ここで奇跡が起きました。

 この本が発売された、まさにその日の午前中。テレビの某情報番組の中で、テリー伊藤さんが、この本を取り上げてくださったのです!

 もちろん、仕掛けてくれたのは本の出版元であるアスコム社さんです。しかし、テリーさんがノリノリで、この本に掲載されているクイズをゲストに出題する形で紹介をしてくださり、しかも「この本、面白いわ」と絶賛してくださったことが効きました。

 発売前日は50万位台、放送直前は3万位に近かったアマゾンランキングは、放送後、一気に総合順位で22位にまで急上昇! まさにテレビ放送効果、テリー伊藤効果で、同書は発売日にブレイクしたのです。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 30773
うるうる 1370
ほっこり 1366
びっくり! 1364
なるほど! 1367
きゅん! 1362
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 30773
うるうる 1370
ほっこり 1366
びっくり! 1364
なるほど! 1367
きゅん! 1362