0519
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ

“共感を呼ぶ”と話題の、ミーハーネタ満載のコラムは、考察にも定評があるとたびたびトレンドに。そんなコラムを書くのは、恋愛ドラマとエンタメが大好きなライター・菜本かなさん。これを読めば、今期ドラマのトレンドがバッチリわかる。おしゃまなコラムをお送りします!

ドラマ・映画・舞台

『トリリオンゲーム』は現代の「ラプンツェル」。所有欲の塊・桐姫が本当に手に入れたいのは、ハルの“自由な生き方”

SNSでの感想
現在『トリリオンゲーム』に出演中の今田美桜(左)、目黒蓮(中央)、佐野勇斗(右)
目次
  • 桐姫にとってハルは、“おもしれー男”なんだと思う
  • ハルは、桐姫を塔から連れ出す大泥棒・フリン?
  • 欲しいものは手に入らないからこそ美しい?

 ハルこと天王寺陽(目黒蓮さん)と桐姫こと黒龍キリカ(今田美桜さん)による、妖艶すぎる手の振り合いが話題を集めた『トリリオンゲーム』(TBS系)第7話。

 なぜ桐姫は、ライバルであるはずのハルに手を貸そうとするのか? ふたりの間に、恋心はあるのか? 本稿では、複雑すぎるふたりの関係性を、じっくり考察していきたいと思います。

◇   ◇   ◇

桐姫にとってハルは、“おもしれー男”なんだと思う

 人生で一度は、イケメンに「フッ、おもしれー女」って言われてみたい! そんなことを思った経験はありませんか? 私は、あります(笑)。

 なぜなら、平成の少女マンガって“おもしれー女”が、モテ男子と結ばれることが多かったんですよ。それも、こびたり尽くしたりするわけじゃないのに愛される。

『花より男子』の道明寺司だって、牧野つくしにビンタをされてから、急に意識し始めていましたよね。お金持ちのお坊ちゃんの考えることはよくわからないけれど、「この俺様に、そんなことするなんて!」という驚きが、恋心に発展していったんだと思います。

『トリリオンゲーム』も、ハルにとっての桐姫は“おもしれー女”なんだろうな……と思いながら見ていました。

 しかし、悲しいけれど、ハルが桐姫に興味を持ったのは、道明寺のようにただ“おもしれー女”と思っているだけではない。その裏には、いろいろ打算的な事情があります(もちろん、尊敬はしているんだと思うけど)。

 彼女には“莫大(ばくだい)な財産”と“社会を動かす力”があるから。だから、このドラマにおいて沼にハマっているのは、桐姫のほう。

 第3話でハルは、蜜園フラワーの社長(余貴美子さん)から与えられた条件を達成するため、ホストクラブの売り上げトップの座をかけて挑みました。しかし、やっぱり本物のホストは強い。困っていたとき、そのお店に桐姫が現れ、501万円(ライバルのホストの売上に1万円を足した金額)を払ってハルをナンバーワンに導いた。

 ある意味、ハルは自分のおもちゃでもあるので「ここでつぶれてもらったら困る」と思ったのかもしれませんが、ライバルにそこまで手を貸してもいいのでしょうか。“桐姫がこんなにひとつのものに執着したのは、初めてなのでは?”と思ってしまいます。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy