0619
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

【朝ドラ『らんまん』ここが気になる#25】「愛国心は強制されるものではない」万太郎の子どもたちと脚本家・長田育恵さんの心意気

SNSでの感想
『らんまん』で万太郎・寿恵子夫妻の子どもたちを演じる遠藤さくら、松岡広大、本田望結
目次
  • 暴走する国家権力を憂う百喜と大喜
  • 牛鍋を囲むいつもの万太郎と思いきや……

 『らんまん』第25週、明治が終わり、関東大震災が起きた。万太郎(神木隆之介)と寿恵子(浜辺美波)、娘の千歳(遠藤さくら)と千鶴(本田望結)らは渋谷にたどり着く。「山桃」は無事だったが、根津の十徳長屋は火災に遭い、標本も図鑑の原稿も大半が焼失した。それでも万太郎は、また原稿を書き始める。「人の世で何があっても、植物はたくましい。今こそやる気に満ちている」と。

『らんまん』主人公・万太郎役の神木隆之介 撮影/吉岡竜紀

 不屈の精神を支えているのは、植物への強い思いと寿恵子の愛情だ。「好きです、あなたが、心から」と寿恵子。万太郎はキスを返す。胸キュンというより、照れくさいというか小っ恥ずかしいというか。私の万太郎への愛が不足しているからだとわかっている。

 この週、脚本家の長田育恵さんはメッセージ性の強い台詞をたくさん入れていた。政治性のある台詞と言ってもいい。最終週はエモーショナルに終わらせる。だからこの週で、伝えるべきことは伝えていく。そんな長田さんの意志を勝手に感じたシーンが2つあった。

 万太郎は紀州・熊野の森に採集に行き、フローラを明らかにした。神社合祀令で伐採されようとしている森だから、それを公表すれば合祀令への反対表明になる。だから東大を辞める意志を固め、家族に伝える場面だった。次男の大喜(木村風太)が「悔しくないんですか、こんなバカげたことでお父ちゃんが大学を辞めなきゃなんないなんて」と発言する。「え?」と反応する万太郎に「バカげてるよ、お国のほうが」と大喜。千歳が「伐採は目先のお金のため、村の人のためにならない」と続けたところで長男の百喜(松岡広大)が「愛国心」について語りだした。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy