1129
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
暮らし

急いでいるのに渋滞で車が動かないときに思い出した、「災いを福に変える考え方」

SNSでの感想
目次
  • セミナーの朝、タクシーが大渋滞にはまる!
  • 窮地で思い出した、社長の教えとは
  • 「災い」を「福」に変える考え方って?

 大切な用事で現地に向かうとき、乗ったタクシーが渋滞につかまってしまって、イライラしたという経験はありませんか?

 そんなときは、いったい何を考え、どうすればよいのでしょうか?

 これは、そんな状況に陥ってしまった、あるセミナー会社の社長秘書(30代・女性)の体験です。

セミナーの朝、タクシーが大渋滞にはまる!

 その社長秘書さん。仮にMさんとしましょう。

 Mさんが秘書を務める社長さんのセミナーが開催される日。セミナーが行われる会場へは、当日の朝、社長は自宅から自家用車で、Mさんは電車で向かう予定でした。

 しかし、体調がすぐれなかったMさんは、現地までタクシーを使うことにしたのです。

 慎重派のMさんは、遅刻しないように、かなりの余裕を持って自宅を出たそうです。

 タクシーが高速に入ると、車の数が多い。合流地点での渋滞に、思わずため息をつくMさん。

「いや大丈夫。時間は十分にあるから、焦らなくても大丈夫」

 自分にそう言い聞かせ、こんなときこそ余裕を持たなければ……と、運転手さん相手に、「ひどい渋滞ですねぇ」なんて談笑するMさん。

 しかし、ここで追い打ちが……。高速の案内板に、こんな掲示が出たのです。

<〇〇出口付近 事故発生>

 すぐさま無線で情報収集を始める運転手。

 しかし、無情にも、やがて、掲示の内容が変わります。

<〇〇出口 通行止め>

 セミナー会場へ行くための高速の出口が封鎖されてしまったのです。

窮地で思い出した、社長の教えとは

 もはや、ひとつ先の出口を目指すしかありません。

 それなのに、乗っているタクシーは1ミリも動いてくれません。

 な、な、なんで! 今日に限って、どうして?

「このままではセミナーの開始時間に間に合わない……」

 さすがに焦るMさん。

 しかし、ここでMさんは、普段から社長に言われていた、「ある教え」を思い出したのです。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 4
きゅん! 1
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 4
きゅん! 1