1129
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
雑学・教養

「隣で40ドルの商品を100ドルで売るには?」Google社の入社面接から見えてくること

SNSでの感想
※※画像はイメージです
目次
  • なぜ、クイズのような問題が入社面接に?
  • 実社会でも使える「答え」とは

 いきなりですが、クイズです。

問題
あなたと隣人が同じ日に、まったく同じ不用品を家の前で売るとします。あなたがその品につけた値段は100ドル、隣人がつけた売値は40ドルでした。商品の諸条件はまったく同じだとして、値引きをすることなく、その品物を100ドルで売るにはどうしたらよいでしょう?

 これは、なぞなぞではなく、まじめなクイズです。答えは、とても現実的。

 なぜって、実はこれ、過去にGoogle社の入社面接で実際に出題されたものなのです。

 さあ、考えてみてください。

なぜ、クイズのような問題が入社面接に?

 こんな問題がGoogle社の面接に使われたと聞いて、あなたは、どう思いましたか?

「えっ? こんな質問が面接で?」って思いましたか。

 それとも、「さすがにGoogle社、ユニークな質問をする」って思ったでしょうか。

 でも、こうしたユニークな質問は、なにもGoogle社の入社面接に限った話ではないのです。

 海外の一流企業の入社面接や、一流大学の受験問題には、しばしば、このような「実際に起こりうる場面の解決策」を考えさせるものが出題されています。

 なかには、まるで推理クイズのようなものや、とんち、パズルのような問題も。

 つまり、海外の一流企業や一流大学は、名探偵コナンや一休さんのような人材を求めているのです

 インターネットで、どんなことでも瞬時に調べられるようになった現代、幅広く一般常識を知っているだけの人は必要ありません。求められるのは、「AIがたどりつけない発想力や課題の突破力を持った人材」なのですね。

 さて、冒頭のクイズに戻りましょう。

問題
あなたと隣人が同じ日に、まったく同じ不用品を家の前で売るとします。あなたがその品につけた値段は100ドル、隣人がつけた売値は40ドルでした。商品の諸条件はまったく同じだとして、値引きをすることなく、その品物を100ドルで売るにはどうしたらよいでしょう?

 普通なら、隣人よりも安い値段で売ればよさそうです。でも、現実世界では、それはただの価格競争でしかないし、そもそも、出題のなかで「値引きをすることなく」と値引きは禁止されてしまっています。

 では、いったい、どうしたらよいのでしょう?

 私は、この問題を知ったとき、「自分の商品に魅力的なオマケをつける」という答えを考えました。例えば、その不用品に商店街の値引き券をつけたり、有名人のサインを添えたりすれば、すぐ隣で同じ品物を40ドルで売っていても、こっちの品を買ってもらえるのでは。

 自信満々に答えを見ると、ものの見事に不正解でした(笑)。考えてみれば、おまけをつけるのは、「商品の諸条件はまったく同じだとして……」という部分に違反しているのかもしれません。

 Google社が用意していた解答は、この品物にオマケや付加価値をつけることなく、100ドルで売ることができる方法でした。

 では、そろそろGoogle社が用意していた答えを紹介しましょう。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0