1006
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

ボクの名前はくまモンだモン!熊本県の営業部長兼しあわせ部長として、ハッピーとサプライズを全国のみなさんにお届けするモン!このコーナーでは、思いをつづってみたり、ボクが参加したイベントをレポートしたり、お宝写真を大放出したり・・・いろんな試みを展開していく予定だモン。ボクの新しい一面を知ってもらえるきっかけになったらうれしかモン☆
 

かわいい

【2年ぶりの“東京ファン感”ルポ】くまモンは輝いていた!「涙腺崩壊した」観覧者を続出させた“粋な気遣い”

SNSでの感想
東京女子体育大学メンバーとの幻想的なステージは圧巻! 撮影/亀山早苗
目次
  • 規模縮小を感じさせない“粋な配慮”の数々
  • くまモンとファン、お互いに感謝し合えた1日に

 暗くなったステージにスポットライトが当たる。ダンサーの真ん中にあぶり出されたのは、黒い「あの人」、そう、くまモンだ。

 音楽に合わせて華麗なステップを踏み続ける。感染対策のため大きな声は出せないが、舞台を見守るファンたちの“声にならない歓声”が、じわじわと客席を包み込む

 東京女子体育大学の新体操競技部・ストリートダンス部のダンサーたちとのコラボで、2年ぶりの「くまモンファン感謝祭2022 in TOKYO」(以下:ファン感)は始まった。

全員での決めポーズもばっちり! 撮影/fumufumu news編集部

規模縮小を感じさせない“粋な配慮”の数々

 会場の新宿文化センターでは観客数を半数に制限、密にならない対策がとられた。いつもなら楽しみな物販や展示ブース、熊本のくまモンスクエアによる出張販売も中止。ステージのみに特化されたファン感となったが、それだけではおさまらないのが、くまモンとくまモン隊のサービス精神だ。

 ロビーには、「くまモンのぞき見ボード」、熊本・人吉球磨地方の写真展が展開され、2階には、くまモンと写真が撮れるコーナーが3か所も設置されていたのは、なんとも粋な配慮。実写パネルが2つ、そしていちばん人気だったのは、3Dくまモンだ。ほんのひと回り、本人よりは小さいが、まさにくまモンそのもの。距離をとりながらではあるが、ここには列ができていた。本人でさえ「びっくま」しながら眺めてしまうできである。

3Dくまモンの完成度に本人もびっくま! 撮影/亀山早苗

 そして1階から2階への階段脇のガラスをはじめ、あちこちにくまモンの足跡もついていた。おそらく、くまモンが会場をくまなく動き回って足跡をつけていったに違いない。

会場のいたるところに、くまモンの足跡を発見 撮影/亀山早苗

 幻想的ですばらしいダンスのあとは、ステージに人気漫画『ONE PIECE』のルフィが登場! くまモンも大感激で、ふたりは旧交を温め合う。

 2016年4月の熊本地震直後、『ONE PIECE』の作者で熊本出身の尾田栄一郎さんから「必ず助けに行く」というメッセージが届いた。このメッセージを、復興に向かう熊本の「原動力」としていくため、『ONE PIECE』と熊本県が連携した『ONE PIECE 熊本復興プロジェクト』が立ち上がった。2018年には県庁敷地内にルフィの銅像が設置、以降、県内のあちこちに麦わらの一味の銅像が建設されている。その縁で、今回はルフィが直々に舞台に登場してくれたのだ。

久しぶりの再会に、ルフィもくまモンも大喜び! 撮影/亀山早苗

 その後、スクリーンには「おうち時間」を過ごすくまモンの様子が流れたり、「くまモンによる、“くまトーク”」のコーナーがあったり。

 ソファにドン! とジャンプしながら座るくまモンがあまりにかわいく、客席からクスクスと笑いが漏れる。足をぶらぶらさせたり、突然、ソファに寝転んで、質問を聞いていなかったりとフリーダム。

くまモン、なんと、撮影中に寝始めるほどの自由っぷり! 撮影/亀山早苗

 好きな食べ物を聞かれると、がぜん張り切って立ち上がるのも彼らしい。大好きな熊本の食べ物を、たくさん絵に描いてきていた。スイカトマトあか牛(牛そのものの絵だった!)、馬刺しなどなど。笑えたのは「トマトを育てているくまモン」の絵。どう考えても足が長すぎたりと、自画像に若干、認知の歪みがあるようだが(笑)、本人はいたって冷静に発表していた。

トマトを育てるくまモンの自画像。再現度の高さは・・・(笑) 撮影/亀山早苗
読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 5
うるうる 27
ほっこり 4
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 7
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 5
うるうる 27
ほっこり 4
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 7