1203
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
恋愛・婚活

「理想の相手と出会えない」「“心の穴”が満たされない」婚活女子の悩みを“モテ本”の著者にぶつけてみたら

SNSでの感想
二村ヒトシさんは「現代の女性にはもっと自由に生きてほしいですね」と主張する 撮影:吉岡竜紀
目次
  • 簡単に“交換”できる恋愛では成長できない
  • 結婚したいなら「“非モテ”を育てる」のが近道
  • 女性はもっと自分の欲望に忠実になってもいい。ただし「心の穴」には気をつけて

 マッチングアプリやSNSなど出会い方が多様化する中で、「思いどおりの相手に巡りあえない」という悩みは男女ともによく聞きます。

『すべてはモテるためである』『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』など、男女それぞれに向けた恋愛指南書を数多く執筆している、AV監督で文筆家の二村ヒトシさん。

 二村さんは著書の中で、「心の穴」という表現を使って、自己受容のためのヒントを多数書かれています。今回は、二村さんに婚活世代の恋愛事情や悩みについて、どうすれば解決策が見つかるのかお聞きしました。

簡単に“交換”できる恋愛では成長できない

──適齢期の女性たちにとって、「いい出会いがない」という悩みが共通しているようですが、二村さんからみてどう思いますか?

「セクハラやパワハラに厳しい世の中になって、そのことはとてもいいことなんだけど、引き換えに、まともな男性たちまで臆病になってますよね。上司や同僚、仕事関連の人と親しくなっても、“2人で飲みに行って、いろいろ面倒くさいことが起きたらどうしよう”って男側が思っちゃうとなると、身近での出会いはどうしたって減ります」

──今は、マッチングアプリを使った出会いも主流なようですが……。

「すっかりカジュアルになりました。昔もテレクラ(※テレフォンクラブ。電話回線を介して異性との会話を斡旋する店)で知り合って、最初は話し相手になってくれるなら誰でもいいって感覚だったはずなのに仲よくなっちゃって結婚したなんてケースもあったけど、まあ親には“どこで知りあったか”は言えなかった(笑)。

 今のネットでの出会いって、婚活のアプリもあるし、とくに男性側は仕事とか年収を書いておかないと信用されない。でもスペックばかりに注目してても、ちゃんとした会社にだって“ヤバい人”ってけっこういるのにね(笑)

──ネット上での出会いから入った恋愛は、リアルでの恋愛とは違いますか?

ネット上で出会うと、ちょっと気に入らない相手だったら簡単に“交換”が可能ですよね。だから、一度つきあったんだからしばらくは覚悟を決めて向き合おうとか、“私にも悪いところがあるから、おたがい変わっていこう”って、なりにくいんじゃないですか。いくらでも“また、次”が選べる環境だと、フィードバックがないままどんどん相手が入れ替わるだけで、自分自身は変化していかない。

 説教っぽく聞こえたらごめんなさいね。恋愛って、さみしさを埋めるためとか、理想の相手を得るために頑張っても、うまくいかないんです。恋するだけだったら推しアイドルを好きになるのでも、身近な人に片思いするのでも可能ですが(そして、そのほうが楽しいかもしれませんが)、恋愛するとなると、そこには関係性が生まれるから。ちゃんとつきあうと、かならずおたがいの内面が変わっていくものです。自分も変われた結果、“やっぱりこの人じゃなかった”と思えるんだったら、それで別れればいい

──次々と相手を取り替えているだけだと、成長しないっていうことですね。

「情報から学ぶよりも人から学べることのほうが豊かです。“言われてみたらそうだった”、“一緒に過ごしているうちに気づけた”みたいな。だから相手が悪くて別れることになったとしても、その経験が傷ではなく肥やしになることもある」

「恋愛やセックスは自分自身を振り返りながら、いい方向に変わっていくためにするもの」と二村さん 撮影:吉岡竜紀

結婚したいなら「“非モテ”を育てる」のが近道

──“交換”ばかりしているわけではないのに理想とする男性が見つからない女性は、どうしたら恋愛や結婚ができると思いますか?

「いわゆる“非モテ”と呼ばれてしまうコミュ障ぎみの男性って、いま本当に増えてると思う。女性が考える結婚対象になりえる男性の数よりも、結婚したがっている女性の数のほうがどうしたって多いわけです。二股をかけられたり不倫したりしたくなかったら、もう仕上がってる“いい男”を追っかけてないで、“非モテ系だけど、どこかみどころがある男性”を自分で育てていく戦略が現実的なんじゃないですかね

──理想の相手と結婚したいならば、女性が男性を育てるしかない……。

「一見、垢ぬけていない男性でも、服装や外見に気を遣えるようになれば、以前よりまともになる。それと、自分に自信がない男性って浮気をしない。甘やかすとつけあがる非モテ男子もいるから注意は必要ですが、なるべくあなたのことを好きになった“見た目はぱっとしないけれど結婚向きの男性”を捕まえて、いろいろ教育してみたらいいんじゃないですかただし非モテではあっても、顔の造りでも声でも趣味でも優しさでも何でもいいから、どこか一点はあなたがすごく気に入った要素を持ってる非モテがいいでしょうね。

 結局、恋愛に何を求めているのか、女性こそ自分で自分の欲望をはっきり自覚するのが幸せになれる道なんです。結婚を優先して考えるからこそ、育児にも協力的かとか、おたがいが求めるセックスの頻度とか、いわゆるスペック以外のチョイスの仕方がある。現代では、リアルで会って相手の温度感とかしゃべりかたっていう雰囲気から好きになるよりも、マッチングアプリのようなスペック切りが主流になって相手を知ることに時間をかけないから、そういう相手が見つからない。そして気がつくと変わる気のない男とダラダラつきあって5年くらいたってたりする。恋愛はしているのに結婚できない女性って、これを繰り返しているのだと思います」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 5
きゅん! 0
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 5
きゅん! 0