1203
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

コロナ禍になって遠出する機会が減りましたが、身近な周りを見渡してみるとこれまで見落としていた楽しみや、見知らぬスポットもまだまだあるはず……。そんな半径3キロで見つかる日常生活の中の幸せにスポットを当てていきます。

半径3キロ以内の幸せの見つけ方

酒場ライター・パリッコさんが語る「肉豆腐」が持つ深い魅力と、一度は行くべき「老舗大衆酒場」

SNSでの感想
パリッコさん 撮影/齋藤周造
目次
  • 一番好きなメニューが肉豆腐の理由
  • 酒飲みは、西高東低?
  • 一度は行く価値のある大衆酒場とは
  • 酔客同士のケンカが起きてしまったときに
  • 酔って眼鏡が入れ替わっちゃった!?

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、生活様式が一変してしまって早2年。リモートワークの普及で、これまで以上に地元で過ごす時間が増えてきました。周りを見渡してみると、これまで気づかなかった新しい発見もまだまだあるようです。そんな半径3キロで見つかる日常生活の中の幸せにスポットを当てていきます。

 酒場ライターのパリッコさんに生活圏内で楽しめる居酒屋の魅力を聞くインタビュー第2弾。今回も引き続き新宿歌舞伎町にある『京風居酒屋 先斗町(ぽんとちょう)』の店内をお借りして、酒場ならではのエピソードやお気に入りの大衆酒場を教えてもらいました。

【第1弾インタビュー:チェーン店『松屋』『来来亭』での飲み方を酒場ライター・パリッコさんが伝授「居酒屋にはない安さとうまさ」

一番好きなメニューが肉豆腐の理由

──大衆酒場といえば多彩なメニューが魅力ですが、パリッコさんが一番好きなメニューは何ですか?

肉豆腐ですね。時と場合によるけれど、肉豆腐は一番好きと公言しています。肉豆腐のいいところは、メニュー名が同じでも同じ内容のものが1つもないんです。組み合わせと味付けとか、店によって違う

──肉豆腐にハマったきっかけはなんですか?

「地元の石神井公園に『ほかり食堂』っていう古い食堂があったんです。80年やっていた店だったんですが、今は残念ながら閉店してしまった。そこで肉豆腐を頼んだら、僕の想像と全然違って、“肉野菜炒め、豆腐多め”みたいなものが出てきたんです。ひと口に肉豆腐と言っても、いろいろなタイプがあるのが面白いなって思いました。それが肉豆腐にハマったきっかけですね

──特におすすめの肉豆腐の店はどこですか?

王道で言えば池袋の『やきとん千登利 (ちどり)』っていう大衆酒場で、長いカウンターのなかの一番いい場所に、肉豆腐を煮込んでいるでっかい鍋があるんです。もつ焼きがメインの店なのに、みんな必ず名物の『牛肉豆腐』は頼んでいるというような。

 あとは、石神井公園にある『天盃(てんぱい)』の肉豆腐は、大きなサイズの豆腐が入っていて、そこに豚肉がたっぷり乗っているんです。おいしそうって思って豚肉を取ったら、下には牛肉がたっぷり乗っているんです。“なに、これ!? ”みたいな(笑)。変わり種みたいな驚きがありましたね

2杯目は焼酎の京番茶割りを頼んでいました 撮影/齋藤周造
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 11
うるうる 0
ほっこり 3
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0
感想をおしえてフム!
にこり 11
うるうる 0
ほっこり 3
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0