1001
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
バラエティ

「ハイパーヨーヨーで人生が変わった」ヨーヨーマスターTAKAこと長谷川貴彦さんが歩んだ軌跡

SNSでの感想
株式会社そろはむ代表 長谷川貴彦さん(ヨーヨーのトリック、ブランコを披露!) 撮影/山田智絵
目次
  • 人生を変えたハイパーヨーヨーと、ヨーヨーの神様との出会い
  • ヨーヨーの魅力は“コミュニケーションツール”であること
  • オンラインショップから世界大会をかなえた『スピンギア』

 70年代のコカ・コーラヨーヨー、80年代の『スケバン刑事』(フジテレビ系)や人気ドラマのアイテム、90年代の『ハイパーヨーヨー』と、“ヨーヨー”は手軽に遊べるおもちゃとして世間に認知され続けてきました。

 特に90年代にバンダイから発売された『ハイパーヨーヨー』はそれまでのヨーヨーとは一線を画し、現代においても子どもから大人まで楽しめるおもちゃとして愛されています。

 そんなハイパーヨーヨーがきっかけで、日本人初のヨーヨーマスターとしても多くの大会で実績を残しているのが、株式会社そろはむ代表兼ヨーヨーマスターTAKAこと長谷川貴彦(はせがわ・たかひこ)さん

 小学生のころからヨーヨーを始め、大学の卒論はヨーヨーを選び、卒業後はヨーヨーを取り扱う企業へ入社、店長としてヨーヨーのオンラインショップを立ち上げ、ワールドヨーヨーコンテスト、アーティスティックパフォーマンス(AP)部門で1位を獲得……長谷川貴彦さんの人生はまさに、「ヨーヨーに魅せられた人生」と言えるでしょう

 25年以上もの間、ヨーヨーに魅せられ、ヨーヨーを愛し続けてきた長谷川さん。ヨーヨーとともに歩みを進めてきた人生を振り返り、なぜそれほどまでヨーヨーにのめり込んだのか、ヨーヨーに出会って人生がどう変わったのか? その歩みに迫りました。

人生を変えたハイパーヨーヨーと、ヨーヨーの神様との出会い

お店にずらりと並ぶヨーヨー。懐かしのモデルから限定モデルまで幅広く陳列されている 撮影/山田智絵

――長谷川さんがヨーヨーにハマったのは、80年代に放送された『スケバン刑事』がきっかけだそうですね。

「そうですね。それまでは竹とんぼやコマ回しなど、昔ながらの遊びが好きでした。『スケバン刑事』をきっかけにヨーヨーも遊ぶようになり、一気にハマりました。」

――大学の卒論テーマも「ヨーヨー」だったとのことですが、大学までずっとヨーヨーを続けてきたんですか?

「高校・大学のころもたまにヨーヨーで遊んでいたんですが、小学生のころほどではありませんでしたね。でもヨーヨーへの熱が再燃したのは、大学4年生のときに行った展示会で、『ハイパーヨーヨー』に出会ったことでした

 まず、それまで遊んでいたヨーヨーとまったく違う動きをしたことに驚きました。それに加え、展示会ではハワイの子たちがプロモーションに出演していたことから、アメリカ特有のカッコいい文化にひかれた部分もあります。ハイパーヨーヨーがヒットした理由っていろいろ語られるんですけど、結局は”見ていてカッコいい”が一番の理由だったんです」

長谷川さんにヨーヨーを披露していただきました!※動画は音声が流れます 撮影/山田智絵

――同時期にアメリカのヨーヨープレイヤー、デール・オリバー(※)さんと出会ったこともヨーヨーへのめり込むきっかけになったんですよね。

「ハイパーヨーヨーに出会った数か月後にイベントがあり、そのときにオリバーさんと出会いました。周りは子どもばかりで僕だけ大人で目立っていたんですが、ヨーヨーの技を見せたら“うまいから一緒にステージ上でやろう”と声をかけてもらって。それまで一人で遊んでいたヨーヨーを人前で披露するだけでなく、そのまま夜ご飯にも連れて行ってもらいました。ヨーヨーの神様みたいな人で、人生をかけてヨーヨーをやってきた人にいろいろなことを教わり、“こういう生き方もあるんだ”と感銘を受けたんですよね

(※デール・オリバー:アメリカのヨーヨープレイヤーで、競技としてのヨーヨーを確立させた先駆者的存在。俗に「フリースタイルヨーヨーの父」と評される)

『ヨーヨーの神様』デールオリバーさんとの2ショット! 写真提供:長谷川貴彦

同じ時期に“ヨーヨーを扱っている会社(株式会社ディップス)を手伝ってほしい”とお誘いをいただいて、大学在学中に仕事としてヨーヨーを始めたのも、ヨーヨーにのめり込むきっかけになりました。4か月くらいの間にハイパーヨーヨーを始めてオリバーさんと出会って……朝から晩までヨーヨーのことしか考えていませんでした。人生で一番濃い時期だったと思います

ヨーヨーの魅力を語る長谷川さん。熱いまなざしでこれまでの軌跡とハイパーヨーヨーへの思いを語ってくれた 撮影/山田智絵

――長谷川さんは一度、一般企業に入社されていますよね。そのままディップスへ入社しなかったのには何か理由が?

「オリバーさんと出会ったときにはすでに内定をもらっていたので、1回就職しました。ところが僕が就職したタイミングはハイパーヨーヨーブーム真っただ中。一般企業に就職したものの、休日には百貨店などの店頭でヨーヨーのパフォーマンスをしていました。そんな中“やっぱり自分はヨーヨーと関わって生きていたい”という思いが強くなり、自分の気持ちに逆らい続けることは難しいと感じたんです。そう思ってからは早かったですね。入社後約1か月で退職してディップスに入社しました」

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0