1206
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
バラエティ

2400日以上ラーメンを食べ続けるYouTuber・SUSURUさんの"食に魅せられた半生"

SNSでの感想
ラーメンYoutuber・SUSURUさん ※写真はすべて本人提供
目次
  • 「なにより食が好き」カントリーマアムを食べてほめられる
  • 尾崎豊とTHE BLUE HEARTSが好きだった、パンクな少年時代

「ラーメン」という料理は不思議だ。これほど中毒性が高いメニューは他に類を見ない。他の料理に比べてオタクの数が圧倒的に多く、「行列ができる店」の代表格だ。ハマる人は本当にハマる、うますぎて危険な食べ物だ

 全国各地のラーメンを食べては動画をアップしているラーメンYouTuber・SUSURUさんもラーメンに魅せられた人のひとりである。彼は「毎日ラーメン健康生活」を始めて7年目、2400日以上連続でラーメンを食べている、凄まじいレベルのオタクだ。

 今回はそんなSUSURUさんへのインタビューを3回に分けてお届け。「なぜラーメンにどっぷり浸かっていったのか」「ここまで人を惹きつけるラーメンの魅力はどこにあるのか」を伺った

「なにより食が好き」カントリーマアムを食べてほめられる

東京都杉並区『もみじ屋』のラーメンを食べるSUSURUさん。この恍惚(こうこつ)の表情が見ていてたまらない

──SUSURUさんは「毎日ラーメン健康生活」として、毎日ラーメンを食べる動画をYouTubeにアップしています。配信をする前からラーメンはお好きだったんですか?

「好きでした。大学生のころは、週に3、4回は『ラーメン二郎』に通ってましたね。われながらほんと怠惰なやつだったんで、食べたあとの“あぁもう腹いっぱい。もう今日なんもやる気出ない”っていう感覚がたまらなかったんです。満腹になっても、まだ食べたくて“はしご”してたくらい」

──本格的にラーメンオタクになったのは大学からだったんですね。ちなみに小学生くらいのときは?

「ラーメンよりハンバーグやカレーのほうが好きでしたけど、週1くらいで、青森県弘前市の実家の近所にある『らあめん花月嵐』に家族で行くのが恒例になってました

 そのときは自分でタレをかけて混ぜて食べる鉄板イタめしのほうが好きでしたけど。子ども心ながら、ラーメンにエンタメ感を覚えてたんですよね。あと、当時は無料でアイスキャンディーがもらえたのもうれしかった。ラーメンは食べてなかったけど、ラーメン店は小さいころから、めちゃめちゃ楽しみな場所だった記憶があります

──なるほど、そのときの経験が見事に今の仕事につながってるというか……。

「いやほんと、いやしいというか意地汚いというか……。実家に仏壇が置いてある部屋があるんですけど、こそっと忍び込んでお中元のお菓子を食べ漁る、みたいなことをしていました。仏壇ってめずらしいお菓子がたくさんあって魅力的なんですよ。で、母親に見つかって怒られてましたね」

──「太るから食べるのやめなさい!」みたいな?

「いや“食べるならごはんにしなさい”って。食べる量じゃなくて、栄養価的な話ですよね

──(笑)。それで、ごはんも食べる。

「そうそう。で、ごはん食べ終わったらまた仏壇の部屋にこそこそ行って、お菓子を食べてました(笑)。それくらい食欲旺盛というか、食べるのが好きな子どもだったんですよね

 小学生のときなんてカントリーマアム食ってるだけで、友だちに“おまえ、ほんっとにうまそうに食うよな”って言われたのを覚えてます。そんなことある?って感じなんですけど(笑)。そんなヤツいないでしょ。ほんと、いやしいというか」

──いやいや。それくらい食いしん坊なんですよね。だって今もラーメン食べてるとき、ほんと美味しそうですもん。「この人のラーメン好きはガチだわ。ビジネスじゃないわ」っていうのが伝わるというか。

「ありがたいことに、よく言われます。自分では“うまそうに食うぞ”とか思ってないんで、天性のものなんでしょうね

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 3
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 3
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0