1208
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
バラエティ

「親を泣かせてしまったことがショックだった」SUSURUさんが語る、ラーメンYouTuberになる前の"怠惰な自分"

SNSでの感想
ラーメンYoutuber・SUSURUさん ※写真はすべて本人提供
目次
  • 高田馬場のラーメン店から自然と「ラーメン二郎」にハマる
  • 大学中退、母の涙、ニート生活。“チャレンジしなかった”ことへの後悔
  • ニート時代に生まれた『SUSURU TV.』で、人生が動き始める

 登録者数100万人以上のラーメンYouTuber・SUSURUさん。彼の半生を伺いながらラーメンにハマった背景を伺うこの企画。第1回では、幼少期から高校生までを振り返っていただいた。【インタビュー第1弾→2400日以上ラーメンを食べ続けるYouTuber・SUSURUさんの"食に魅せられた半生"

 今回は大学進学からYouTubeを始めるまでについてインタビュー。どのようにラーメンにハマっていったのか。なぜYouTuberになったのかを伺った

高田馬場のラーメン店から自然と「ラーメン二郎」にハマる

『SUSURU TV.』を始める前の、大学時代のSUSURUさん

──前回のお話では、青森県弘前市で過ごした幼少期から高校生までのエピソードを伺いました。大学では明治大学に進学されますが、上京した理由はあるんですか?

高校のときに地元でバンドを組んでたメンバーと一緒に上京したんです。上京後に同じサークルに入ることになったんですけど、今考えるとすごいっすよね。だいぶ青春感ありますよ。当時は部室がないサークルだったんで、高田馬場のリハーサルスタジオを借りて練習していました」

──ラーメンにハマり始めたのはそのころからですか?

「そうですね、なによりラーメンにハマり始めたのは高田馬場っていう立地が大きいです。高田馬場ってラーメン店が多いんですよ。だから練習の前後に、バンドメンバーとか友だちといろんなお店に行くようになったんですよね。

 今考えたら貴重だったなぁと思うのは、ラーメン通の間では有名な『中華そば べんてん』という名店に行ってたことですね。今は練馬区に移転して昼しか営業してないんですが、当時は夜も営業していて。練習終わりにつけ麺とか食べてました」

──お気に入りのラーメン店とかあったんですか?

店舗というか『ラーメン二郎』にハマりましたね。大学の仲間で『二郎部』っていうLINEグループを作って、各店舗を回りまくっていました。週に3、4店は行ってましたね

 South Penguin(サウスペンギン)という、フジロックにも何回か出たバンドのボーカルでアカツカっていうヤツがいて、一緒によく回ってました。

 アカツカはすごいですよ。この前、ラーメン二郎の総帥・山田拓美さんのドキュメンタリー番組があったんですけど、その番組のBGMに彼の音源が使われたんです。総師・山田さんがメディアに出ること自体、めちゃめちゃ珍しいことなんですけど、二郎が好きすぎて楽曲が採用されたんですよ

──すごいっすね。SUSURUさんもアカツカさんも、ラーメン道を極めてる感じがかっこいい。

「いやいや、アカツカはちゃんと曲作ってますけど、僕はただラーメンすすってるだけっすからね(笑)」

──そんなことない(笑)。

「いや、こんなメシの話ばっかりしてる29歳なんていないでしょ。もういい大人なのに、ほんと……」

──いやいや100万人から「ラーメン食ってくれ」って思われてるって、ほんとすごいことですからね。ちなみに当時はインスパイア系(※)にも行ってたんですか?

※有名ラーメン店の味に着想を得て、同じような系統のラーメンを提供する店の呼び名

「いや、直系しか行ってなかったです。今でこそ二郎インスパイアもおいしいですけど、当時は正直、食えたもんじゃないというか……。チャーシューとかも厚いだけで噛みきれないとか、普通にあったんですよ

 それと、無駄に尖(とが)ってるんですけど、“直系しか行かない”ってことに誇りを持ってましたね(笑)。“俺は二郎を愛してるから、ちゃんと並んで食うぞ”っていう……。自分でラーメン作ってもないのに、なんでそんな尖ってたんだろうマジで」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 1
なるほど! 1
きゅん! 3
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 1
なるほど! 1
きゅん! 3