1208
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

西城秀樹さん「持って帰っちゃダメ?」本気で欲しがったもの&『紅白』出演後のご自宅で──

SNSでの感想
西城秀樹さん 撮影/佐藤靖彦
目次
  • 子どものおもちゃで本気でアクション!
  • 秀樹さんの部屋から聞こえる……
  • 人生でいちばん言った言葉は!?
  • 寂しくて戻ってくる

「素顔の秀樹さんはおちゃめで天然、好奇心の塊でした(笑)

 2004年ごろから秀樹さんのバンドにギタリストとして加わり、作曲家・プロデューサーでもある宅見将典さん(43)。秀樹さんとは叔父・甥(おい)の関係で、子どものころから「まーくん」と呼ばれてかわいがられてきた。

 インタビュー前編では、秀樹さん最後の新曲『終わらない夜』(10月5日発売)が発表された経緯などについて聞いたが、後編では公私にわたってさまざまな場面でふれてきた、実にチャーミングな素顔についてたっぷりと語ってもらう。

子どものおもちゃで本気でアクション!

「秀樹さんはもの心ついたときには、もう大スター。僕は『ブルースカイ ブルー』が出た1978年に生まれているんですが、親戚の叔父さんというよりも、テレビの中にいる西城秀樹という輝く存在。赤ちゃんのころから好きで何回もビデオを見ていたそうです。

 3〜4歳のころ熱を出して寝込んでいたら、大きなピンクパンサーのぬいぐるみを抱いて家にお見舞いにきてくれました。もうビックリですよ」

──コンサートにも行かれましたか。

「小さいころ母に連れていってもらって、感動して泣いてしまったことがあります。歌を聴いて泣いている自分を周りの人に見られるのが、とっても恥ずかしかったのを思い出します。

 まだ2〜3歳のときだと思いますが、コンサートで抱かれながら寝ちゃったこともあって。秀樹さんが小田和正さん(オフコース)の『眠れぬ夜』を歌ってたときだと思います。僕、あの曲がすごく好きで、変な言い方ですけど、今でもちょっと眠くなる。イントロの ♪ファンファンファファファ〜ってメロディーを聴くと、ふにゃ〜ってなるんですよね(笑)」

1980年6月、ユネスコ村(埼玉県所沢市)での野外ライブ。『眠れぬ夜』はこの年12月のリリース 撮影/石川譲治

小学校は奈良に行っていて吹奏楽部だったんですけれども、秀樹さんが奈良の会館でやったコンクールを見にきてくださって。そこで顧問の先生がひと言くださいとお願いして、僕ら部員の前で“よかったよ”とコメントをくださったり。

 友達は最初 “偽物やろ”とか “本人が来るわけない”とか言ってましたけど、すごくうれしいですよ。家族にスターがいて自分は鼻高々ですし、わざわざ奈良にまで来てくれたりというのは。トランペットもプレゼントしてくれましたし」

──大好きな叔父さんだったんですね!

「だから大阪に秀樹さんが来たら、ずっと引っ付きまわっていました。あのテレビ、あれどうだったの? とか。本当に家族の中に光っている人が1人いて、たまに来たらもう大騒ぎ。

  僕がバンドをやりだしてからは、その曲を “聴いて聴いて”って、ずっと聴いてもらって。秀樹さんはそのときの僕の身の丈にあったアドバイスと賞賛をくださる。すごく褒めてくれました。

 厳しい言い方すると、高校生が作る曲なんて本当は大したことないんですよ。でも、いいところをピックアップしてくれて伸ばしてくれる。だから、本当に優しくて楽しくて輝いている師匠って感じでした

──西城秀樹は芸名じゃないですか(本名は木本龍雄)。ふだんは何と呼んでいましたか?

「子どものころは “ヒデキ”って呼んでいましたよ。家族は“”たっちゃん”と呼ぶ。僕はヒデキっていう存在だと思っていました。“ヒデキ、ヒデキ、これ見てよ!”みたいな。

 で、秀樹さんも子どものおもちゃとか、僕の持っているやつで本気で遊ぶんですよ(笑)」

──例えば何でしょう?

「むっちゃ覚えているやつがあります。腕のところに付けてパンチしたらパシューン! って音がしたり、3回まわしたらウィーンウィーンって別の音が出たり。『聖闘士星矢』のおもちゃで、聖衣(クロス)みたいなやつです(バンダイの『ペガサス流星拳』)。

 それをめちゃくちゃ気に入って、何度も何度も(笑)。たしか持って帰られたと思います」

──本当ですか(笑)。

だって犬も連れて帰ろうとしましたから。“かわいいなぁ〜”“持って帰っちゃダメ?”と言われて大反対しておきましたけど(笑)。

 これは僕が大きくなってからですけど、靴は履いて帰られたことあります。あとで奥さんに電話して、こういうモスグリーンのブーツありますか? って、送り返してもらいました(笑)」

26歳のバースデー&デビュー10周年パーティーで祝福を受ける秀樹さん(1981年4月) 撮影/藤沢謙

とにかく好奇心いっぱいで、何でも面白がるんです。ハサミとか缶切りとか10個くらいが入った万能ナイフ(アーミーナイフ)とか。

 あとテプラにもすごい興味を示しました。僕がテプラにハマってて、“何これ?”とか言うから《秀樹》って打ってウィーンと(テープを)出して見せたら “すげぇな!” って。そういう楽しいおもちゃみたいのにすごく反応するんです」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 19
うるうる 32
ほっこり 92
びっくり! 2
なるほど! 2
きゅん! 22
感想をおしえてフム!
にこり 19
うるうる 32
ほっこり 92
びっくり! 2
なるほど! 2
きゅん! 22