1208
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
生き方

【週末北欧部chikaさんに直撃#2】単身フィンランド移住を支えた「準備はネガティブに、やるときはポジティブに」の精神 

SNSでの感想
写真:本人提供
目次
  • 事前のネガティブ思考に助けられた部分も。夢が負担になった時期もあった
  • 時には“寄り道”も大事。中国赴任を経験し“どこでも生きていける”と確信できた
  • 今は今後のことを決めていない。3年後にしか見えない景色がきっとあるはず

 初版が即完売し、2022年10月には実写ドラマ化もされた『北欧こじらせ日記』(世界文化社)の著者であり、Twitterアカウントのフォロワー数が2022年10月現在、10万6000人を超える週末北欧部 chikaさん(以下、chikaさん)のインタビュー第2弾。

 日本で自身のキャリアに悩んでいたころから、大好きなフィンランドに移住するという夢を叶(かな)えたあとの現在に至るまで、chikaさんにはたくさんの大変なことがありましたが、困難を乗り越えるコツは「準備はネガティブに、やるときはポジティブに」と言います。この言葉の真意や今後の展望について聞きました。

(chikaさんとご家族との関係や、寿司職人になるために修業を積んで13年越しのフィンランド移住の夢を叶えた経緯などについては、第1弾で語っていただいています→【週末北欧部chikaさんに直撃】「うれしがり」のフィンランド好きが、寿司職人になって移住の夢を叶えるまで

事前のネガティブ思考に助けられた部分も。夢が負担になった時期もあった

──まずインタビュー第1弾の続きをお聞きします。念願のフィンランド移住後、現地の寿司店で働き出してから2週間目に、とんでもない激務になってしまったそうで、私だったらすぐにホームシックになりそうですが、chikaさんは日本に帰ろうとは思わなかったのですか?

「日本人の従業員が自分だけの状態で連日13時間ほど働いて、体力もメンタルも限界に近づいていました。でも、こういう修羅場も含めて“夢の向こうにある景色”なのだと思ったし、職場でたったひとりの日本人として働くことになると知ったときや、翌朝に出勤するとき、自分の置かれた状況が“なんだか映画みたいだな”とドラマチックに感じることもありました。

 まずは3年頑張ろうと決めていたし、日々感じる喜怒哀楽も、ここでしか得られない学びだから、目の前の出来事を一つひとつ楽しもうと思っていたんです

ついに憧れのフィンランド・ヘルシンキに! つらいこと以上に、新しい発見や喜び、楽しみがたくさんあるという  写真:『北欧こじらせ日記 移住決定編』P2~3より

──chikaさんって、ものすごくポジティブな方だなと思ってしまうのですが、夢を叶えたあと思いがけない過酷な現実に直面したほかの人たちも考えようによっては、chikaさんのようにできるものですか?

私のモットーは“準備はネガティブに、やるときはポジティブに”なんです。山登りで山頂に行くまで景色がわからないのと一緒で、夢を叶えたあとも何があるかわからないから、あらゆる準備をしなければならないと思っていて。ネガティブな視点を大事にしながら、移住後に起こるマイナスな出来事を想像して期待しすぎないようにしていました。

 だから、何が起きても“まあそうだよね”と思えたし、このモットーはフィンランドに移住する前からありました。実は、日本での寿司修業中にくじけそうになったこともあったのですが、“落ち込んでいたらフィンランドでやっていけないぞ”と自分に言い聞かせつつ、予行練習のようなつもりで乗り切っていました。

 今フィンランドで予想よりスムーズに暮らせているのも、事前にネガティブに考えすぎてしまったおかげと言えるかもしれません

──chikaさんと「ネガティブ」という言葉は結びつかないと思っていたので、びっくりしました。

実は、日本にいるときに自分を苦しめたのは、フィンランド移住の夢をずっと追うことだったんです。初めてフィンランドに行って一目ぼれしてから13年のあいだ、“まだ夢を叶えていないの?”と何度も悩んだし、夢のためにかけた時間のことを考えると、“どうして”と自分を責めてしまうこともありました。

 夢を追求しているはずなのに、その夢が負担になるような瞬間もあって、そういった場合の対処法も著書に描けたのでよかったなと思っています」

──私自身、夢を追うのは楽しいことのはずなのに、いつの間にかそれにとらわれすぎて苦しくなることが、たびたびあります。「もう30代になってしまった」と年齢のことを考えて、まだ夢を叶えられていない自分に悔しくなったりもして。

「ありますよね。私がそういうとき大切にしていたのは、寄り道をして“夢が叶わなくたって人は生きていける。違う選択肢だってある”と確かめながら進むこと。それによって、好きなことを好きでい続けられました。

 悩むのは悪いことではなくて、悩みがあったからこそ楽しみながら夢を叶えられたんです。悩むたびに“なんで苦しいのかな?”と原因を書き出しながら考えました。

 夢を叶えた今も、その夢と心地よい距離感をとって、自分らしい暮らしをしようと考えています

chikaさんのお気に入りグッズのひとつである、フィンランドを代表するテーブルウェアブランド『イッタラ』のキャンドルたち。数個並べて火を灯すのがフィンランド風 写真:本人提供
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 16
うるうる 1
ほっこり 4
びっくり! 0
なるほど! 5
きゅん! 1
感想をおしえてフム!
にこり 16
うるうる 1
ほっこり 4
びっくり! 0
なるほど! 5
きゅん! 1