1208
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
バラエティ

【アメリカ横断ウルトラクイズ裏話】決勝進出者が語る──人生を変えたニューヨーク決勝直前の数時間

SNSでの感想
※写真はイメージです
目次
  • 目隠しをさせられて、リバティ島へ船で移動!
  • 人生を変えた決勝戦──はじまりのとき

 かつての大人気番組、『アメリカ横断ウルトラクイズ』(以下、ウルトラクイズ)。その第10回大会で、決勝まで行かせていただいた私の体験から、前回、ウルトラクイズの決勝戦の前にヘリコプターで摩天楼の上を飛行したときの裏話をお伝えしました。

●【アメリカ横断ウルトラクイズ裏話】決勝進出者がニューヨーク上空で体験! ほぼ命がけの撮影フライト

 今回はその続き、裏話の第8弾。ウルトラクイズの歴史上、唯一、ルートを途中で南米ルートと北米ルートに分け、それぞれのコースのチャンピオン同士で決勝戦を行った、第10回ウルトラクイズのニューヨークの“決勝直前、数時間に起きた”裏話です。

目隠しをさせられて、リバティ島へ船で移動!

 ヘリコプターで摩天楼の上を飛ぶ、定番のシーンの撮影後、私はふたたびヘリポートに降り立ちました。

 それまでのウルトラクイズは、ニューヨークにあるパンナムビルの屋上で行うのが定番です。「あれ? パンナムビルの屋上ヘリポートじゃなくて、もともと乗ったヘリポートに戻るんだ?」と思う私。

 別のヘリコプターに乗っていた司会の福留功男さん(以下、留さん)が戻ってきたので尋ねると、こんな回答が。

「ああ、パンナムビルはハドソン川からボートに乗っていくんだよ。あのビルはね、地下に水濠があって、地下からエレベーターで上がるんだ」

 今ならすぐに大ウソ(というかジョーク?)だとわかります。

 でも、当時の私は、社会人になったばかりの右も左もわからない純粋(?)な青年で、その言葉を信じ込みました。正確には決勝戦を前に気持ちが高ぶっていて、細かなことはどうでもよくなっていたのかもしれません。

 留さんの言葉どおり船に乗り込みましたが、このあたりから私は、目隠しをさせられました。ウルトラクイズでは、本番までクイズのルールがチャレンジャーにバレないように、しばしば目隠しをさせられていましたから、もう慣れっこです。

 船(オンエアを見るとそれなりに大きな船ですが、結構波に揺れ、目隠しをして乗っていた私には小さなボートくらいに感じられました)に乗り込んでからしばらくたつと、さすがに鈍感な私も「これは、パンナムビルに向かっていないな」と、気がつきました。

 そして、「これ、自由の女神があるリバティ島に向かっているよね……」ということも。

 前日の自由時間、自由の女神を見るためにひとりでリバティ島へ行った私は、なんとなくの方向感覚でわかったのです。

 目的地に着いたらしく、スタッフに手を引かれて下船。そこからは目隠しをしたまま、ずっと待機。

 と、突然、目隠しを外されました。

 自分がウルトラクイズの回答席に座っていることを知る私。

 早押しボタンと連動している、ウルトラクイズファンにはおなじみの“早押しハット”をかぶるように言われ、ほぼ同時にプロデューサーの声がかかります。

「あのヘリコプターに、決勝の相手が乗っている! さあ、にらみつけて!」

 見上げると上空には1台のヘリコプターが。どうやら、その中に決勝の対戦相手が乗っているらしい。でも、ずっと目隠しをしたままだった私は、とにかく太陽がまぶしくて、目を開けるのがやっと。

「もっと、にらみつけて!」

 いや、そんなこと言われても、まぶしいんです……。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 2
なるほど! 0
きゅん! 1
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 2
なるほど! 0
きゅん! 1