0205
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

インスタグラビアの女王、似鳥沙也加が1st写真集に込めた思い「明日生きられるか不安でも、私が頑張れるのはファンのみなさんのおかげ」

SNSでの感想
似鳥沙也加さん 撮影/北村史成
目次
  • ファンと私は互いに支え合う、仲間の関係性
  • 実はU.F.Oと一平ちゃんが大好き
  • 「新・似鳥沙也加」に挑戦したアパレルとのコラボ
  • つらかった学校生活も、今となっては笑い話に
  • 何よりも大切なファンとの時間

 ツイッターとインスタグラムの合計フォロワー数は160万超。「#インスタグラビア」のハッシュタグを付けてインスタグラムに自撮りのグラビアを投稿し、一気に注目を集めた似鳥沙也加さん。今年9月にはファースト写真集『Ribbon』、11月には電子写真集の『蝶々結び』(ともにKADOKAWA刊)をリリースして、グラビアアイドルとしてますます波に乗っています。

 インタビュー前編では、写真集に込めた思いから、引きこもりだった過去のエピソード、いち芸能人とファンの関係にとどまらない、彼女ならではのファンとの距離感について、根ほり葉ほり聞いてみました。

ファンと私は互いに支え合う、仲間の関係性

──9月28日に初の写真集『Ribbon』、11月28日にアザーカットの電子写真集『蝶々結び』をリリースしました。この2冊に込めた思いを教えてください。

「芸能生活を始めて4年ほど経過するので、これまで応援してくれたみなさんに感謝を伝える意味で写真集をリリースしました。ちょっと露出の面で話題になってるところもありますが、作品としていちばんキレイな形で残したいという思いが強いので、露出についてはそこまで重視していないんです。1冊のストーリーの中で、流れ的に脱いだほうがキレイに見える場面、変に隠さずナチュラルで見せたほうがいい場面を意識して作り上げました。ファンのみなさんが手に取ってくれたとき、“本当に似鳥ちゃんを応援してきてよかった”と思ってもらえたらうれしいですね

『似鳥沙也加 1st写真集 Ribbon』KADOKAWA刊 ※記事内の写真をクリックするとAmazonの紹介ページにジャンプします

──『Ribbon』と『蝶々結び』、うまくリンクしているタイトルはどのように決めたのでしょうか?

私は引きこもりだった過去があるので、同じような境遇のファンの方が多くいます。ファンと芸能人というよりも、互いに支え合う仲間、という感じの関係です。今でも精神的につらいときはブログで素直な気持ちを伝えますし、それはファンの方も同じです。そんな私とみなさんを結ぶ意味で『Ribbon』と名づけました。リスタートするという『reborn(リボーン)』という意味もかけようという思いもあって。私からのプレゼントを開けてもらうという思いも込めて『Ribbon』と『蝶々結び』に決めたんです」

──グラビアでの堂々としたたたずまいからは、引きこもりだった過去を微塵(みじん)も感じません。

「家では遮光カーテンですし、太陽は今でも怖いです(笑)。私って、どストレートな表現が苦手で、インスタのグラビアでは雰囲気を重視しています。“女の人の胸が好き!”という人以外の目にも止まるような、1枚の絵として完成する作品を目指してるんです

──グラビアをメインに活動していますが、DVDはリリースせず、撮影会もない。そこは戦略ですか?

「それでグラビアアイドルと名乗っていいのか不安ですが(笑)、王道ではないのは確かですね。よくも悪くもこだわりの強い作品、みなさんの印象に残る作品を残したいと思っています

同席のマネージャーさん「本人がインスタを始めたのも露出が目的ではなく、作品として残すという点に重きを置いています」

似鳥沙也加さん 撮影/北村史成
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 2
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 2