0128
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
音楽

ボイメンの6人がデビュー以来、最大のピンチから再出発「仲間を信じて、応援してくれる人に恩返しがしたい」

SNSでの感想
BOYS AND MEN 撮影/伊藤和幸
目次
  • 配信ライブや趣味で気持ちを切り替えて
  • 地元に貢献して、応援してくれる人を楽しませたい

 東海エリアを中心に活動するエンターテイメント集団・ボイメンことBOYS AND MEN。“名古屋の町おこしお兄さん”というコンセプトのもと、2010年に結成。当時、AKB48を筆頭に “会いに行けるアイドル”が席巻しており、地元にとって身近な存在のボイメンも人気を博した。

 2016年には、楽曲『YAMATO☆Dancing』で全国メジャーデビュー。“自分を信じ仲間を信じて夢を追い続ける”というメッセージを込めた歌詞が彼らのスタイルとマッチし、全国区でもブレイクした。その後、新型コロナウイルスの時代が到来。イベントが減り、“会える”をコンセプトとする活動がままならなくなった。さらには当初10人だったメンバーが現在は6人に。

 2022年12月21日、その6人体制で初となるニューシングルを発売した彼らに、現在の心境と再出発に対する思いを聞いた。
(※辻本達規はドラマ収録のスケジュールの都合により、写真撮影にのみ参加しました)

◇   ◇   ◇

──今回のニューシングル『超FINE!!!』は、前作『ニューチャレンジャー』から約1年半ぶりのリリースですね。この間、いろいろとあったかと思いますが。

本田剛文 これまでの活動では、1年の間にシングルとアルバムを1枚ずつリリースすることがルーティンだったので、こんなに間が空くことがなくて。ファンのみなさんには“本当にお待たせしました”という気持ちでいっぱいです。今回は6人体制で初のシングル。しかも、これまでとは曲調や雰囲気が違うのでぜひ多くの人に聴いてほしいです。

田村侑久 これまでのボイメンとは、実は少し雰囲気が違います。

田村侑久 撮影/伊藤和幸

勇翔 男っぽいゴリゴリな曲調が多かったボイメンにしては、今回は明るくさわやか。6人体制になって、新たな色を出していこうというタイミングにふさわしい曲調ですね。

平松賢人 何かしているときにラフに流せるBGMにもなる曲で、すごく新鮮。

吉原雅斗 「いろいろあったか」と聞かれたら、いろいろありすぎましたから(苦笑)。今回は事務所の社長とも話して“再出発するんだ、原点回帰!”というところもあって、刷新じゃないけどリスタートという意味合いでは、すごくピッタリな曲に仕上がってます。

本田 “イチから始める”のリスタート“ではなく “続きから始める”のリスタート”だよね。ある意味、コンティニューでもある。

吉原 でも、一度止まったことは止まったと思うんだよね。あのときに……

本田 ぶっちゃけ今年メンバーが減ったんですけど、今回のリリースイベントで久しぶりにステージをやったら、ずっと会いに来てくれていた(ファンの)方がいないことにも気がつきましたし。でも、僕らって大変なことをグチグチ言うタイプじゃないし、お互いに励まし合ったり慰め合ったりするのも、なんか違う。なんとかなるさ的に生きてきたから、またいつもどおりに集まって、いつもどおりな感じです。

平松 もともとメンバーはそれぞれで考え、みんなで持ち寄って力を合わせる、というスタイルだったので

吉原 この楽曲をひっさげて、もう1回まっさらな気持ちでやってやるぜ! という意欲でいっぱいです。

辻本達規 撮影/伊藤和幸
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 20
うるうる 3
ほっこり 9
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 3
感想をおしえてフム!
にこり 20
うるうる 3
ほっこり 9
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 3