0128
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

若い世代や海外からも注目されている昭和ポップス。本連載では、'80年代をメインに活動したアイドルの『Spotify』における再生回数と当時のCD売り上げをランキング化! データから過去・現在のヒット曲を見つめ、さらに、今後伸びそうな“未来のヒット曲”へとつながるような考察を、歌い手本人や関係者への取材を交えながら展開します♪

音楽

前川清が推す自身の楽曲は? 元日発売の新曲「昭和から」作詞作曲のさだまさしより届いた“驚きの私信”も明かす

SNSでの感想
前川清さん。哀愁を感じさせる後ろ姿に心惹かれる (C)テイチクエンタテインメント
目次
  • 大人のデュエット「東京シティ・セレナーデ」が人気大!洋楽曲も多数ランクイン
  • 前川が推すのは「花の時・愛の時」「おいしい水」。思い入れが深い理由は?
  • 新曲「昭和から」作詞・作曲のさだまさしからの“テレビメッセージ”にビックリ!
What's「未来へつなぐ昭和ポップス」?

 今、若い世代からも、また海外からも熱い注目を浴びている昭和ポップス。昨今では、音楽を聴く手段としてサブスクリプションサービス(以下「サブスク」)がメインで使われているが、必ずしも当時ヒットした楽曲だけが大量に再生されているわけではなく、配信を通して新たなヒットが生まれていることも少なくない。

 そこで、本企画では1980年代をメインに活動した歌手・アイドルの『Spotify』(2022年7月時点で4億3300人超の月間アクティブユーザーを抱える、世界最大手の音楽ストリーミングサービス)における楽曲ごとの再生回数をランキング化。当時のCD売り上げランキングと比べながら過去・現在のヒット曲を見つめ、さらに、今後伸びそうな“未来のヒット曲”へとつながるような考察を、本人または昭和ポップス関係者への取材を交えながら進めていく。

 本記事まで3回にわたり、前川清さんのランキングを振り返ってきた。第1弾では「東京砂漠」「雪列車」「男と女の破片(かけら)」など、いずれもレコード売り上げの順位以上に支持されている人気曲について、また第2弾では、近年チャレンジした演歌カバーや、シンガーソングライター系の楽曲について語ってもらった。最終回となる第3弾では、もっと上位になってほしい楽曲や、2023年元日に発売となったデビュー55周年記念シングル「昭和から」について深掘りしていく。

(インタビュー第1弾→前川清デビュー55周年、ヒット曲「東京砂漠」のCM撮影秘話や「雪列車」の作曲家・坂本龍一の“こだわり”を語る / 第2弾→前川清が振り返るヒット曲「ひまわり」プロデューサー・ 福山雅治からの“ダメ出し”「100回くらい歌ったあとに……」

大人のデュエット「東京シティ・セレナーデ」が人気大!洋楽曲も多数ランクイン

 Spotifyの人気曲ランキングからもわかるように、幅広いタイプの楽曲を歌っている前川清だが、梅沢富美男、石川さゆり、藤山直美、チェウニなど同じレコード会社のレーベルメイトや、舞台で共演した俳優などとのデュエット曲がTOP50までに8曲も入っている。中でも人気なのが、川中美幸と歌った第13位の「東京シティ・セレナーデ」。秋元順子「愛のままで…」の作詞・作曲を手がけた花岡優平らしいメランコリックな曲調だが、♪遊びじゃ/冷たい身体/ぬくもらないから と前川が歌ったら、 ♪冷たい身体/あたためて と川中美幸が歌うという、なんとも艶めかしいラブソング。前川のソロ曲には都会的なラブソングが多かったのに対し、近年、幸せ演歌や母を思った歌が多い川中からすれば、かなり意外なナンバーだ。

これはセクシー路線ですよね。ええ、演歌はエッチな歌が多いんですよ(笑)。美幸さんもご自身の楽曲『二輪草』の自分とは違う女性を演じていて、さすがプロですよね」

「東京シティ・セレナーデ」のジャケットからは、セクシーかつバブリーな雰囲気がただよう

 ほかにも、石川さゆりとのデュエットは、演歌というよりロマンティックな歌謡曲調のラブソングに仕上がっていたり、梅沢富美男との男性同士のデュエットは、梅沢が谷村新司のように情熱的に歌っていたりと、実際に聴いても期待を裏切らない。こうしたデュエット企画でほかのボーカルとうまく融合するのも、クール・ファイブ(前川がリード・ボーカルとして参加したバンド『内山田洋とクール・ファイブ』)を経験したからなのだろうか。

 そして、第48位のジョン・レノン「IMAGINE」を皮切りに、75位まで8曲もの洋楽曲がランクイン。これらはいずれも、2010年代になって原点を振り返るというカバー企画のアルバム『My Favorite Songs』シリーズの第1弾から第3弾に収録されている。

『My Favorite Songs』のジャケット写真。モノクロに鮮やかなオレンジ色の文字が映える

洋楽カバーは、デビュー前に佐世保の米軍キャンプでさんざん歌ってきました。そればっかり聴いていたので、ここでのオールディーズはほとんどが自分の選曲ですね。ただ、当時は聴いていなかったイーグルスの『Hotel California』(第74位)は通して歌えなくて、少しずつ録音したんですよ。もう二度と歌えませんけど(笑)、とてもいいので、これも聴いてください。

 好きな仕事だけしていても、意外と得るものは少ないんですよね。だから今後も、挑戦だけはしていこうと思います!!

 確かに前川は、'70年代には萩本欽一のバラエティー番組『欽ちゃんのドンとやってみよう!』(フジテレビ系)にレギュラー的に出演して三枚目キャラを開花させたし、近年でも、中居正広が司会を務める音楽番組『Momm!!』(TBS系)にトークゲストで出演したり、'22年にはNHK朝の連続テレビ小説『舞いあがれ!』にて島の診療所の医師役を自然に演じたりと、いわゆる演歌歌手の枠を超えた活躍が多い。音楽作品のみならず、テレビ業界全体においても活動の場を広げており、挑戦し続けていることがよくわかる。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 1
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 1