0715
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

『君の名前で僕を呼んで』公開5周年に寄せて~恋の痛みと歓びを受容した身体が向かう、メタモルフォーゼのその先

SNSでの感想
映画『君の名前で僕を呼んで』より、ティモシー・シャラメ演じるエリオ (c)Frenesy, La Cinefacture
目次
  • 物語のあらすじ
  • I remenber everything
  • 君の名前で僕を呼んで、僕の名前で君を呼ぶ

 北イタリアを舞台に、儚(はかな)くも鮮烈な青年同士が織り成す恋を描いた珠玉の名作『君の名前で僕を呼んで』。2017年に製作、翌’18年に日本で公開されて5周年を迎える

 アニバーサリーイヤーを記念し、1月27日(金)から1月29日(日)には、恵比寿ザ・ガーデンホールにて朗読劇とトークショーが開催されることが決定。フムフムニュースでは、イベントのメインキャストである醍醐虎汰朗×阿部顕嵐の対談インタビューをお届けした。醍醐虎汰朗×阿部顕嵐が『君の名前で僕を呼んで~5th anniversary~』で朗読劇に初挑戦! 取材中に明らかになった共通点とは

 本稿では、世代を問わず愛される作品の素晴らしさを改めて振り返ってみたい。

物語のあらすじ

エリオ、オリヴァーがともに食卓を囲む (c)Frenesy, La Cinefacture

 物語は両親とともに北イタリアの避暑地を訪れ、そこで悠々自適に過ごしていたエリオが大学生のオリヴァーと出会う場面から始まる。オリヴァーは大学教授であるエリオの父親に連れられ、研究助手としてエリオの家へやって来たのだった。自信と知性に満ちあふれたオリヴァーに、エリオは最初、突き放すような態度を取るものの、やがて彼の内面に深く惹(ひ)かれていく。そしてふたりは性別の垣根を超え、ひと夏の恋に落ちる。

 しかし、夏の間の滞在だったためにオリヴァーが別荘を離れる日が近づき、エリオは彼との耐え難い別れを経験することとなる。『君の名前で僕を呼んで』はそんな短い夏の間の瑞々しい恋模様を描いた、ひりつきと愛おしさを感じる傑作青春映画だ。

 原作小説『Call Me by Your Name』は、彼らの経験した恋と別れをおよそ300ページ超にわたり書き上げており、その内容は非常に哲学的で深く、印象的なセリフも多数登場する。映画では原作の世界観を壊さぬよう最大限の注意が払われ、監督であるルカ・グァダニーノが映し取った北イタリアの自然豊かな景色、エリオとオリヴァーの間に漂う空気感の描写、夜の静寂や早朝の美しさなど、美的感覚に訴えかける映像で観客を魅了した。

※以下、作品の本筋に触れる記述あり

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy