0423
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
おもしろ

すき家の店内放送「すき家RADIO」を知っていますか? 9年続くロングランの裏側を担当者に聞いてみた

SNSでの感想
すき家の店内放送「すき家RADIO」の裏側に迫る! 写真提供/すき家
目次
  • 最初はひとりのリスナーとして聴いていた、すき家RADIO
  • アドリブから生まれた、あの印象的なフレーズ
  • リクエストの自演はしてません(笑)
  • 「すき家RADIOを家でも聴きたい!」という熱心なファンも

「元気モリモリ、高森浩二がお送りしました!」

 すき家に足を運んだことのある人なら、一度は耳にしたことがあるフレーズ。2014年のスタートから早9年、店内放送としてロングランの「すき家RADIO」は、どのような経緯で始まったのでしょうか? 放送の目的は? どんな人たちが聴いているのでしょうか?

 そんな気になる疑問を解消するべく、担当者を直撃。「私がいちばんのすき家RADIOファンです」と語る、すき家RADIOの運営に携わるすき家Web販促担当の溝口祐樹さんにお話を伺いました。前後編のインタビューでお送りします。

すき家Web販促担当の溝口祐樹さん。すき家RADIOを担当 撮影/fumufumu news編集部

最初はひとりのリスナーとして聴いていた、すき家RADIO

──溝口さんはいつからすき家RADIOの担当になったのでしょうか?

「2022年の4月からです。まだ日は浅いですが、私がすき家の店舗で働いていたときからひとりのリスナーとして聴いていたので、抜擢(ばってき)されたときは“まさか自分が!?”と身が引き締まる思いでしたね

──最初はリスナーとして耳にしていたんですね。初めてすき家RADIOを聴いたときのことは覚えていますか?

最初は店内で普通のラジオが流れているのかなと思ったら、よくよく聴くとすき家にフォーカスしている内容だったので、“あれ、なんか違うな?”と(笑)。それまではずっとUSEN(USEN-NEXT GROUP)さんの放送を流していたのに、DJの方がしゃべっているので驚きましたね。高森さんの軽快なトークで、トレンドの曲とか懐かしソングが聴けるので、おかげさまで楽しく店内の時間を過ごせました。すき家RADIOとともに私もキャリアを積んでいった感じですね」

──店舗から本社勤務となったのはいつですか?

「2015年に本社勤務となりました。ただ、今でも仕事で各地の店舗に足を運ぶことはありますし、プライベートでもすき家は利用するので、店舗へ行ったときはすき家RADIOを必ず聴くようにしていますよ」

──すき家RADIO以外の担当業務があれば教えてください。

「Web関連の販促物を中心に、CMのディスプレイやお子様向けのメニューである『すきすきセット』のおもちゃの開発にも携わっています」

溝口さんはすき家RADIOをはじめ、すきすきセットなど幅広く販促に携わっている 写真提供/すき家
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 4
うるうる 0
ほっこり 4
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 13
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 4
うるうる 0
ほっこり 4
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 13