0204
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

中島史恵、グラビアは「まず60歳まで頑張りたい」健康と美へのこだわりや夫との関係性も明かす

SNSでの感想
中島史恵さん。身体もお肌も変わらず美しく、息を飲みました! 撮影/佐藤靖彦
目次
  • 46歳で一念発起しヨガスタジオをオープン。グラビア活動の目安は「60歳まで」
  • まずは自分の身体を見つめることが大事。1日2回の入浴は20代から欠かさない
  • 夫は仕事にあまり干渉せず。今後も「健康と美のサポーター」として頑張りたい

「美と健康」をテーマに活動した4人組の女性グループ『シェイプUPガールズ』として、'90年代のお茶の間を席捲した中島史恵さん(54)。かつてメディアで目にした、白いレオタードに身を包んだスタイルは、プロポーションのよさが一段と際立っていました。

 現在は、自身が経営するヨガスタジオ『avity代官山スタジオ』でのインストラクターを務めるほか、グラビアアイドルとしての活躍も目覚ましい中島さん。2022年3月の「書泉・女性タレント写真集売上ランキング」(書泉ブックタワー含む書泉店舗で実施)では、自身の写真集『#53』(双葉社刊)が4位にランクイン。同年12月21日には、最新DVD『fumie54』が発売となります。今もグループ時代と変わらぬ体重をキープしているという中島さんに、その美の秘訣やこだわり、旦那さまとの関係性などをお聞きしました。

(デビューのきっかけや『シェイプUPガールズ』時代の印象深いエピソード、ヨガとの出会いについては、インタビュー第1弾で語っていただいています。記事→美しすぎる54歳・中島史恵、シェイプUPガールズ時代の思い出は「マリオ風の衣装、フルマラソンを4時間で完走」

46歳で一念発起しヨガスタジオをオープン。グラビア活動の目安は「60歳まで」

──'00年に『シェイプUPガールズ』が活動休止したあとも、グラビアの仕事はずっと続けていたのですか?

「実は、39歳になる直前に『サンキュッ!』('08年、竹書房刊)という写真集を出してから、グラビアは一度引退しているんです。そして、49歳のときに写真集『NOW and ALL』('17年、ワニブックス刊)で復帰しました。そのあいだの'14年に、自身のヨガスタジオをオープンしています。よく考えてみると、〇〇〇4年というかたちで、末尾に4がつく年に、人生の節目が重なることが多いんですよ。スカウトされてデビューしたのは'94年だったし、'14年にスタジオを開いたのも、一大決心でした

──これまでのタレント活動から一転、経営者となりスタジオをオープンされるのは、簡単ではなかったのでは?

やっぱり、事務所や周りの方々がお膳立てしてくださっていた道から、いざ自分でゼロから始めるのって大変だなと思いました。扱うのはヨガやダンスなど自分の好きなものとはいえ、経営のノウハウは全然ないのに、勢いで始めちゃったんですよね(笑)。でも、何かを始めるときって、パワーや体力、気力が必要じゃないですか。スタジオを開いたときは46歳で、新しいことをやるにはこれが最後のチャンスかなって思ったんです。主人の友人がスタジオのオーナーの娘さんだったこともあり、ご縁が重なってオープンさせることができました」

──お聞きしていると、とても決断力があると感じました。

「例えば、やるか、やらないかとか、2つの選択肢があるとしたら、“すごく悩むと思うけれど、自分にとって難しいほうを選びなさい”って主治医から言われて、ハッとしたんです。楽なほう、楽なほうへと行くと、自分の成長も含めて、ステップアップはできないだろうなと。所属事務所(オスカープロモーション)の代表も、“難しいことにチャレンジして、いろいろ失敗してもいいじゃないか”って言ってくれました。周囲の後押しあってのことですから、感謝しています

──女性から見てもうらやましいプロポーションの中島さんですが、コンプレックスとかって、ありましたか?

「ありましたよ! もう身長が大きいこと自体がコンプレックスでしたね。子どものころは、“どうやって小っちゃく見せようかな”って、わざと猫背になったりしていました。背が高い女の子は、学校行事のフォークダンスでも男の子役にされたりして残念だったし、『シェイプUPガールズ』に入ってからも、周りのアイドルたちは背が低くて可愛いタイプで落ち込みました。でもコンプレックスに陥るときって、ある意味、自分の長所にもなりうる部分を、悪くとらえてしまっているんですよね

「コンプレックスだと思っている部分が長所になることもある」という中島さんの考え方、とってもすてきです 撮影/佐藤靖彦

──コンプレックスといえば、日本ではどうしても、年を重ねて現れる美しさより、若さが重視される傾向にあると思います。その中で、50代になった今も、ご自身の年齢を写真集やDVDのタイトルにすることに抵抗はなかったですか?

逆にいいなって思いましたね、わかりやすくて(笑)。49歳のときに出した写真集『NOW and ALL』って、“今がすべて”という意味なのですが、それってなんだかヨガっぽいなって思っていて。年齢もそうなんですよね。50年間、ちゃんと生きてきましたよっていう証(あかし)も込めて、50代以降に出したすべての作品に、年齢と同じ数字を入れています」(前述したが、最新DVDのタイトルは『fumie54』

──グラビア撮影は、何歳まで続けたいと思っていますか?

60歳まで続けることを目標にしています。還暦を迎えると干支(えと)がひと回りして、そこからまた赤ちゃんに戻っていくといいますし、そこまでは頑張っていきたいなと思って。今でも毎年こうやって写真集やDVDを出させていただけるのは、本当にありがたいですよね

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 1
なるほど! 1
きゅん! 0
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 1
なるほど! 1
きゅん! 0