0519
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

藤原さくらがポッドキャストに映画に、“異業種進出”を続ける理由「私たちが常識だと思っているものは、絶対的な尺度ではないんだと」

SNSでの感想
藤原さくらさん 撮影/松島豊
目次
  • 映画の舞台はレトロなミニシアター
  • 日高七海さんとのゆるいトークラジオが気づきをもたらす
  • 後悔しない! 何事もプラスにしていく思考法

 昨年秋にシングルEP『まばたき』をリリースし、同曲はABEMAドラマ『恋愛ドラマな恋がしたい in NEW YORK』の主題歌にもなったシンガーソングライターの藤原さくらさん。2月10日より公開中の『銀平町シネマブルース』では映画に初出演し、小さな映画館で働くアルバイトの足立エリカを演じている。

 アーティストでありながら映画・ラジオ・ドラマと表現できる場を広げつつある藤原さんがそれぞれの現場で気づいたこととは?

映画の舞台はレトロなミニシアター

「お話をいただいたときはとってもうれしかったです。映画館に通いつめて“あと何回で、(ポイントが貯まって)タダで見れるー”なんてホクホクしていた10代のころを思い出します」

『銀平町シネマブルース』は架空の町・銀平町を舞台に、一文無しの映画監督の近藤猛(小出恵介さん)が古びた映画館「銀平スカラ座」で働きはじめ、支配人の梶原(吹越満さん)や街の人々と触れ合い、映画への情熱を取り戻していく。ロケは埼玉県に実在するレトロな映画館の川越スカラ座を中心に行った。

 小江戸・川越の空気感を存分に生かしたこの作品。昭和から時間が止まったようなミニシアターで撮影ができたことを藤原さんは、

「雰囲気のよい映画館でした。セットではなくて、落ち着く場所だったので、自分も自然体でいられた気がします。チケットのもぎりも経験できて楽しかったですね。お休みの時間に観光や食べ歩きもできて」

 と振り返る。川越の街並みを味わいながら作り上げていった映画は、何よりも映画好きが集まった人情劇に。

「映画に救われた人には、ぜひ観てほしいです。そして無気力になってしまって、どうしたらいいかわからなくなってしまっても、計らずにいつしか赦(ゆる)されたり、前に進めることがあるのが人生だし、リスタートできるんだという気持ちになれました」

藤原さくらさん 撮影/松島豊

 映画好きな藤原さんだが、好きな作品について聞くと「ダムをぶっ壊していく映画とか結構ニッチなものが好きです」とのこと。ダムをぶっ壊していく?

「『ダムネーション(DAMNATION)』(2014年)というアメリカの作品です。雇用を生むために造りすぎたダムが魚を絶滅させ、負の遺産になってしまう。結局、何十というダムを爆破していくのですが、そこでまた雇用が生まれるというのが面白かったですね。

 ミニシアター系で観ることも多くて『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』(2016年)は、ダンサーのセルゲイ・ポルーニンに密着して撮った映像美に号泣してしまいました。両方とも実話がモデルなので、ドキュメンタリー的な作品が好きなのかも」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy