0421
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
雑学・教養

人類初の動力飛行から120年。偉人ライト兄弟に学ぶ、思わぬ成功者の落とし穴

SNSでの感想
※写真はイメージです
目次
  • 人類初の動力飛行に成功したのに……
  • 富も名声も得られず、裁判続きの人生に

 2023年2月。「ジャンボ」の愛称で親しまれたボーイング747型機の製造が終了し、最後の一機が納品されたというニュースが流れました。

 海外旅行といえば「ジャンボ旅客機」という世代にとっては、感慨深いニュース。

 さて、今から120年前の1903年。世界初の有人動力飛行に成功したのが「世界の偉人伝」の中に、必ずといってよいほど登場する“ライト兄弟”です。

 兄の名はウィルバー、弟の名はオーヴィル。ふたりとも自転車屋さんでしたが、当時、人類の夢であった「動力飛行機」を完成させるために、一念発起して研究を続け、ついに飛行機を完成させたのです。

 今回は、そんな世界の偉人、ライト兄弟の「失敗人生」から学ぶ、成功者が陥りやすい落とし穴についての話。

人類初の動力飛行に成功したのに……

 ふたりが飛行機を完成させることができたのは、彼らの自転車屋さんとしての技術が大いに役立ちました。プロペラをチェーン駆動にした点が大きかったのです。

 加えて、12馬力のエンジンを搭載し、主翼を操縦者がたわませることで、向かい風を利用するなどして、59秒852フィート(約260メートル)の飛行に成功したのです。この成功には、ふたりが初飛行の場を向かい風の強い場所に選んだことと、運よく当日、強い向かい風が吹いたことも幸いしたと言われています。

 はっきり言って、人類初の快挙。それまで、数々の人たちが飛行機で空を飛ぶことに憧れ、ときには命を落としてきましたが、人類はついに「金属のかたまり」で空を飛ぶことに成功したわけです。

 なのに……。

 このライト兄弟の快挙に対する世間の風当たりは、まさかの最悪のものでした。

 ふたりは、すぐさま「飛行機」の特許を申請しましたが、これがなかなか認められません。それどころか、飛行の成功を信じてすらもらえませんでした。

 新聞紙面に、大学教授が「機械が空を飛ぶことは、科学的に不可能である」と発言した記事が載り、あからさまに批判されたこともあったのです。

 ライト兄弟が、ここまで批判にさらされたのには、実は理由がありました。

 ひとつは、彼らが名もない自転車屋だったこと。

 長年にわたって飛行機の研究をしてきた一部の識者や企業にとっては、「世界初の動力飛行機」の完成者の座を奪われることが我慢できなかったのです。

 そして、もしライト兄弟が飛行機の特許を取得してしまったら、将来、飛行機が軍事利用されたときに、莫大(ばくだい)な特許金額を持っていかれてしまうことにもなる。

 それは許しがたいことだったというわけです。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 1
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 6
きゅん! 0
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 1
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 6
きゅん! 0