0415
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
バラエティ

間寛平「昨年10月に引退のつもりだった」とどまらせたものと、“昭和と令和における芸人の違い”

SNSでの感想
間寛平さんとすっちーさん。ふたりの掛け合いが面白すぎて、取材は爆笑の嵐! 撮影/齋藤周造
目次
  • 寛平師匠、子ども役を再演! ふたりの心境は
  • 昭和の芸人、現代の芸人、何が違う?
  • 新喜劇の劇場には「笑いの神様が住んでいる」

 誰もが知っている「吉本」こと「吉本興業株式会社」は、長いあいだ、お笑い界を席巻してきた。創業110年、そして吉本新喜劇は、創設されて64年がたつ。この間、どれだけの人々が新喜劇に笑い、活力をもらってきたのだろう。3月1日は吉本新喜劇設立記念日。それを記念して今月21日には、なんばグランド花月で「吉本新喜劇記念日2023」公演をおこなう。

 プログラムは、2022年4月から実施してきた「GM杯ネタバトル」の月間優勝者らによる最終戦、そして往年の人気芝居『あっちこっち丁稚(でっち)』が復活する。これは1975年から'83年まで、日曜昼にテレビ放送されていたコントバラエティ番組。大阪の老舗カステラ屋を舞台に、家族や従業員が織りなすドラマで、当時、若かりし間寛平さんが丁稚(職人・商家などに年季奉公をする年少者。雑用や使い走りをした)として人気を博していた寛平さんは、40年後の今回も丁稚を演じ、店のお手伝い役は、新喜劇座長のすっちーさんが務める。

 昨年、新喜劇のGM(ゼネラルマネージャー)に就任した間寛平さんと、すっちーさんに話を聞いた。

◇   ◇   ◇

寛平師匠、子ども役を再演! ふたりの心境は

寛平 『あっちこっち丁稚』を一緒に盛り上げてきた、かつてのメンバーの多くはもう亡くなってしもて。これが始まったころ、僕は20代半ばですわ。今回は、みんなそれなりのベテランで腕があるから、当時より何十倍もうまくできるんとちゃうかな。すっちーが、かき回してくれるでしょう。

すっちー こいさん(カステラ屋の娘)が(座長の酒井)藍ちゃんやから、お笑い要素も強いかもしれませんね。当時より今のほうがアドリブも多くなってますしね。

寛平 あのころは檀上茂さんという作家さんが台本を書いていた。きっちり書く人で、セリフ間違えたら革靴で殴られるんですわ。わざわざ脱いで、パッカーン! って。今やったら大変なことやで(笑)。

明るく話す寛平さんと、「うわ〜」と宙を見上げるすっちーさんの対比がジワる 撮影/齋藤周造

──すっちーさんはプレッシャーがありませんか?

すっちー 日ごろから一緒にやっていますからね、プレッシャーは特にないです。ただ、役どころとして丁稚の3人が、寛平師匠と大ベテランの内場(勝則)さんと吉田(裕)なんですよ。そもそも丁稚って、本来は子どもやないですか。吉田は後輩ですけど、それでも40代。ええ大人が丁稚するのも面白いし、寛平師匠と内場さんというすごいキャリアの大御所がいちばん下の役をやるのも、どうなるのか楽しみです。

寛平 僕はいつもペコペコしながら生きてきたから、なんともない(笑)。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 2
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 2