0618
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
雑学・教養

『タコハイ』CMで田中みな実がネイティブ発音するワケをサントリーに聞いてみた

SNSでの感想
サントリー『タコハイ』のCMが話題の田中みな実 撮影/高梨俊浩
目次
  • どんな味なのかを伝える表情は必見

 50代、60代は思わず「懐かしいなあ」と感激するのではないだろうか。1983年、和服姿の田中裕子さんが「タコなのよ、タコ。タコが言うのよ」と独特ののんびりした口調でささやくCMで注目されたサントリーのハイボール『タコハイ』が、およそ半世紀ぶりとなる3月7日に発売された。

 サントリー広報部に、発売に至った経緯を聞いた。

「料飲店で飲むような本格的な味わいを家庭でもお楽しみいただくことをコンセプトにした『こだわり酒場』から、レモンサワーとは異なる“新・食中酒プレーンサワー『タコハイ』”として提案させていただきました」

 過去の「タコハイ」との違いも気になるところである。

「過去に発売した『タコハイ』と今回発売する商品は関わりがございません。食事に合う、ほのかな柑橘の風味は口をさっぱりとさせるリフレッシュ効果があり、弊社が新規開発した焙煎麦由来の香ばしい風味が、食事のおいしさをより引き立てる飲み心地になっております」

 文字ではなかなか通じないので、お酒好きの方は飲んで実感していただきたいところである。田中裕子さんが出演したCMと同じように、今回のCMも話題になっている。出演しているのは“田中つながり”ではないだろうが、田中みな実さんだ。

 CMウォッチャーからは「ネイティブスピーカーのように『suntory』と発音しているところが最高です」という声が聞かれる。これに狙いはあるのだろうか(ちなみに田中みな実さんはニューヨークで生まれロンドン、サンフランシスコで育った帰国子女)。

こだわり酒場のタコハイ『なに味なの?』篇
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy