0603
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ドラマ・映画・舞台

劇作家・末満健一はなぜヴァンパイアを描くのか? 寂しかった少年時代と吸血種たちの「TRUMPシリーズ」がライフワークになるまで

SNSでの感想
末満健一さん 撮影/有馬貴子
目次
  • TRUMPの誕生に、テニミュもかかわっていた!?
  • アイドルだけで演劇に挑戦、衝撃で客席が沈黙した『LILIUM』

 現代日本の売れっ子劇作家の1人が、舞台『刀剣乱舞』『鬼滅の刃』そしてオリジナル作品であるTRUMPシリーズと、次々に人気作を手がけている末満健一さんだ。

 とりわけTRUMPシリーズは、何千年もの時間を生きるヴァンパイア(劇中では「吸血種」と呼ぶ)を主人公に上演を繰り返し、幻想的なビジュアルや音楽、作り込まれた伏線で多くのファンを虜(とりこ)に。作品ごとに伏線が絡み合ったストーリーで、一度ハマると離れられないというファンが続出した。

 4月15日から上演の最新作『LILIUM -リリウム 新約少女純潔歌劇-』は9年前の人気作『LILIUM -リリウム 少女純潔歌劇-』を加筆・修正などを加えて再演する。誕生から15年目を迎えたシリーズの生みの親・末満さんは、なぜこの生死にまつわる物語を描こうとしたのか。シリーズ誕生にまつわる秘話を聞いた。

◇   ◇   ◇

──1976年生まれの末満さんですが、演劇に携わる前はどんな少年時代だったのでしょうか。

 僕は、生きているうえであまり人生を楽しいなと思える瞬間が極端に少なかったんです。幼稚園に通っていたころから、なんだか人生が面白くないし、このつまらない日々を過ごしながらを歳を重ねていくんだろうな、と幼心に感じていたんですね。全然、幼稚園児らしくない(笑)。『三つ子の魂百まで』と言いますけど、僕は本当に3歳のときにこのことわざを知ってしまって、そのとおりの人生になりそうだなと、ひどく諦観していた人生観を持った幼稚園児でしたね。

──3歳で本当にそのことわざを覚えていたんですか!?

 そうですね(笑)。これが100歳まで続くんだなという虚しい感情がありました。その後小学校時代は平凡に過ごしていたんですが、中・高時代の記憶がほとんどないんですよ。友達がひとりもいなかったし……同級生の顔や名前も誰ひとり覚えていません。存在感を消しながら教室で目立たないようにしていました。自分を殺しながら生きてきたので、いわゆる青春時代の思い出はほとんどないんです。

──一般的にイメージされる青春時代とは正反対の日々だったようですね。

 でもその時期からマンガやサブカルは好きで、小学生時代に放課後に通っていたそろばん塾に置いてあった手塚治虫さんの『ブラックジャック』に出合ったのがきっかけで、手塚さんの作品は読みあさっていました。ほかにも少女マンガも好きで、憧れて自分でも描いたこともありますが、こちらは才能のなさに気づいて早々に諦めました。

 TRUMPシリーズは吸血種(ヴァンパイア)を主人公にしたことから、萩尾望都先生の『ポーの一族』の影響かと聞かれることがよくありますが、実はその作品は読んだことがなくて。ギミックして「吸血鬼モノ」という題材を選び、そこに自分の死生観という根幹部分から出てきたテーマで作品としての軸を通しました。気づいたらライフワークになっていましたね。

末満健一さん 撮影/有馬貴子
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 4
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 13
きゅん! 3
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 4
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 13
きゅん! 3