0415
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

東京03とCreepy Nutsは似た者同士? 武道館コントライブに寄せる、飯塚悟志×角田晃広×豊本明長×オークラの想い

SNSでの感想
左から東京03の豊本明長さん、飯塚悟志さん、角田晃広さん、構成作家のオークラさん。それぞれの頭の中をのぞいてみてください! 撮影/有村蓮
目次
  • 武道館でやるには繊細すぎるテーマだけど
  • Creepy Nutsも僕らも、どんな顔してたらいいのかわからない

 東京03と構成作家のオークラが、芸人・役者・アイドル・ミュージシャンなど多様なカルチャーシーンで活躍するゲストと一緒に“悪ふざけ”する遊び心あふれたエンターテインメントショー『東京03 FROLIC A HOLIC』。シリーズ第3弾にして5年ぶりとなる新作では、Creepy Nutsとのコラボレーションが実現する。しかも、会場は東京・日本武道館で──。異例づくしの豪華イベントを前に、多忙なスケジュールの合間を縫って稽古に励む東京03(飯塚悟志、角田晃広、豊本明長)と作・演出を手がけるオークラの4人に話を聞いた。

左から豊本明長さん、飯塚悟志さん、角田晃広さん 撮影/有村蓮

武道館でやるには繊細すぎるテーマだけど

──飯塚さんとオークラさんがゲスト出演された「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」をお聞きしたら、オークラさんが「細かい演技がいいキャストが多いので、配信で観てもおもしろい」とおっしゃっていました。武道館という大きな会場でコントを成立させることと、映像向けの繊細な表現を両立させることは難しそうだと感じるのですが……どんな演出のアイデアがあるのでしょうか?

オークラ 武道館って単なる「デカ箱」じゃないんですよね。声と映像をリンクさせつつ、同時に客席で取り囲んだセンターステージでのパフォーマンスも俯瞰(ふかん)できる、ちょうどよい会場なんだなって。ご来場になるお客さんに楽しんでいただくのはもちろん、映像でご覧になる方にも目配せしたい。そのために「映像だからこそ魅了できること」をいつも念頭に置いて演出しています。

──番組の中で、オークラさんは「Creepy Nutsの(DJ)松永くんが言いそうなことをセリフにした」と当て書きをほのめかす一方で、3月5日にゲスト出演される百田夏菜子さん(ももいろクローバーZ)には「ご本人のキャラクターとはかけ離れた役を書いた」とおっしゃっていました。これまで数多くのコントを東京03(以下:03)のお三方に書き下ろす中で、今回は飯塚さん・豊本さん・角田さんにそれぞれどんな期待を込めて、役を設けられたのでしょうか?

オークラ もともと『FROLIC A HOLIC』は、ホストの東京03がいろんなジャンルのゲストをお迎えするっていうコンセプト。だから03には「全体の芯を貫くコント」をやってほしいんですよね。軸や柱になる、といいますか……彼らがいちばん力を発揮できる場面をつくらなきゃいけない。

──03のお三方が「横綱相撲」を取れるような?

オークラ ですかね。03がしっかりしないと、Creepy Nutsやゲスト陣を生かせませんから。ましてや演劇と違って、われわれは毎日稽古できないんですよ。みなさんには忙しいスケジュールの合間を縫って稽古してもらっているので、不在者がいる中でクオリティを上げていくためにも、03には頑張ってもらわないと。

オークラさん 撮影/有村蓮

──では今回「全体の芯を貫く、軸や柱になり得るコント」の台本を、03のお三方はどのように受け止めて形にしていこうと考えておられますか?

飯塚 台本を読んですぐ「単独ライブでやっても絶対盛り上がるだろうな」って感じたよね。

角田 そうね、俺も「このネタ、単独にくれないかな」って。

豊本 うん、そのくらい自分たちがやりやすい本だと思った。

飯塚 ただ……1万4500席キャパの武道館でやるには繊細すぎるテーマだよね。草月ホールとかでやったら、めちゃくちゃ気持ちいいウケ方しそう!(笑)

──お調べしたら、草月ホールは530席弱でした(笑)。

飯塚 繊細なテーマというか、「こんなところを掘り下げてネタにしちゃうんですか?」っていう内容で。まぁ「人間関係の機微」みたいなことなんですけどね。そういうネタってやっぱり300〜400人キャパの小さな劇場でいちばん伝わるんじゃないかな、って気がするから。

角田 線の細〜い、いいところを突いたコントなんですよ。武道館ならボケとツッコミの二者しかいないような大ざっぱな構成が映えると思いきや、オークラが持ってきたネタはちゃんとおもしろくて。

豊本 うん、お客さんの琴線に触れる内容だったよね。「ホームでやりたい」と感じるくらい。

飯塚 でもたぶん俺、このネタどこかの単独でやると思うわ。吉住とのコントは特に、武道館じゃないところでやりたいもん。

飯塚悟志さん 撮影/有村蓮

──気になりますね! オークラさんはそういった繊細な内容を、どうして今03のお三方に当てたのですか?

オークラ シンプルに「武道館でこういう細かいネタはやらないだろうな」と思って。武道館だからといって、お祭りに寄せたコントにしすぎるのも抵抗があったんです。しっかり「ザ・東京03」的な王道の笑いを届けたかった。彼らがおもしろがってやれるようなものをつくって、それをデカ箱にぶつけてどうなるか見てみたかったのかもしれません。

──繊細といえば、ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(2021年)で角田さんが見せた演技を思い浮かべました。セリフや表情ひとつで役人物やたたずまいに哀愁を帯びさせる凄(すご)みがありますよね。

角田 いやいや、恐縮ですよ。

オークラ 角ちゃんって観ている人の共感を呼び起こすよね。お客さんが感情移入できるキャラクターづくりが抜群にうまい。

──今回、オークラさんは飯塚さん・豊本さんにどんな設定を当てて魅力を引き出そうとしていますか?

オークラ 飯塚さんがコントを書く単独ライブの場合は、2人(角田と豊本)に振り回される役割を自分に当てることが多いよね。お客さんと同じ目線に立って狂言回しに徹する、とか。一方で僕が普段書くのは、飯塚さんが他者を振り回すプレイヤーになるケースが多いけど……今回は「飯塚さんが書いたのでは」と思われそうな前者寄りになりました。

飯塚 振り回しても振り回されても、どちらもやっていて楽しいけどね。

左から豊本明長さん、飯塚悟志さん、角田晃広さん 撮影/有村蓮

オークラ で、豊本は「事件をもうひと展開させる要員」ですね。謎多きキャラクターが登場することで、事件がどんどん転がっていくんです。豊本自身がいつも何を考えているかわからない人間ってこともあって、すごく上手(笑)。

角田 そういうの年々うまくなるよね。

豊本 自覚ないけどね。でも台本を読んでいて「俺さえいなければ何も起こらず、事態はまるく収まったのに」って筋書きが本当に多い(苦笑)。

飯塚 50代に突入して年齢を重ねるごとに「おかしみ」が増していくよね。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 9
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 1
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 9
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 1