0713
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
音楽

SNS総再生回数20億! Z世代を中心にバズり中シンガーソングライター有華の素顔は「コテコテなにわ女子」

SNSでの感想
今回お話をお伺いした、シンガーソングライター・有華さん 撮影/松島豊
目次
  • ノートに書き続けた夢は実現している
  • 小学生のころに書いた、“まだ歌手じゃない自分”への疑問
  • ノートを開けば昔の自分が初心に戻してくれる
  • ときには辞めようと思ったことも。立ち止まることができた理由

 2022年4月に発表した『Partner』がSNS総再生回数13億回を数え、一躍注目の的となったシンガーソングライターの有華さん。

 今年1月のデビューデジタルシングル『Baby you』もSNS総再生回数20億以上の話題曲に。4月12日、NHK夜ドラ『おとなりに銀河』の主題歌『HAPPY DATE』を配信リリースするなど快進撃を続けています。

 心温まるラブソングのイメージそのままの、朗らかな有華さんですが、デビューに至るまで10年余と下積みが長い苦労人。

 今回、「こだわりのものを見せてください」というお願いに、ご持参くださったのは2冊のノート。その1ページごとに、夢をたぐり寄せるしなやかな強さが詰まっていました。

有華さん 撮影/松島豊

◇   ◇   ◇

ノートに書き続けた夢は実現している

──2冊のノートは、有華さんにとってどんなものですか?

 まず、小さいほうは、歌詞を書くためのノートです。買ったのは高校生のころで、使い始めたのは自分で曲作りを始めた大学生のときから。ノートを使い切ってから新しいものを買うのではなく、気分で使い分けているので長持ちしてるんです(笑)。

 最近は、スマートフォンに歌詞のタネをメモするという新しい作り方に挑戦しているので、このノートには少しお休みしてもらってます。

 もうひとつのノートは、私がラジオ番組のアシスタントをしていたとき、ゲストに来てくださったアーティストのNakamuraEmiさんから直接いただきました。いわゆるノベルティですが、NakamuraEmiさんの音楽が好きでとても尊敬している私には宝物。なので、目標や夢、なりたい自分を描くことにしています。

 言葉にすると、理解が深まるというか。小さいころから歌手になる夢は決まっていましたが、“なぜなりたいのか”“どうすればなれるのか”といった、自分の中ではっきりしないことを文字にしてみることで、自分なりの答えを探っていたのかなって。

NakamuraEmiさんにもらったノート(右)には“かなえたい夢”を、可愛らしいノートには“日々の思い”を(左) 撮影/松島豊
以前、有華さんが書いていた「夢」を少しだけ見せてもらった 撮影/松島豊
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy