0715
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
音楽

『Baby you』世界バイラルチャートでトップ10入りの有華「ファンを日本武道館に連れて行く」と決意

SNSでの感想
今回お話をお伺いした、シンガーソングライター・有華さん 撮影/松島豊
目次
  • ドラマ主題歌は昔からの夢のひとつだった
  • 曲中のこだわりは初挑戦のラップとコンビニ店員のセリフ
  • メジャーデビューから3か月がたち生まれた心境の変化
  • ノートに書いたあの日の夢は、いまも日々更新されていく

 今年1月にリリースしたデジタルシングル『Baby you』が、SNS総再生回数20億回を超える話題のシンガーソングライター・有華さん。心弾むハッピーなラブソングやキュートなルックスに加え、ライブのMCなどで見せる“大阪のおばちゃん”風の親しみやすく愛すべきキャラが若い世代を中心に刺さっています。

 4月12日に、NHK夜ドラ『おとなりに銀河』の主題歌『HAPPY DATE』をリリース。インタビュー後編では、10年近い下積み時代を取り戻すかのように活躍の幅を広げる有華さんに、曲作りのこだわりや前向きに進み続けられる原動力について伺いました。

(インタビュー前編では、有華さんが夢をかなえるために書き続けたノートの一部や、メジャーデビューまでの思いをお伺いしています。→記事:SNS総再生回数20億! Z世代を中心にバズり中シンガーソングライター有華の素顔は「コテコテなにわ女子」

有華さん 撮影/松島豊

◇   ◇   ◇

ドラマ主題歌は昔からの夢のひとつだった

──ドラマの主題歌が決まったときは、どんな気持ちになりましたか。

 私は小さいころからテレビドラマが大好きで、ドラマ主題歌を担当することは長年の夢でした。あきらめずに続けてきたからこそ、こうしたステキな瞬間にも出合えるんだなって本当に嬉しくなりました。

 楽曲はCHIHIROさんがもともと温めていたものをもとに、歌詞を共作させていただきました。大好きな人と深夜のコンビニに出かけるひとコマを描いた、ほのぼのとしたラブソングなので、リアリティにこだわりたいなと思いました。

 なので、“私はラテ 君はブラック/帰り道いつものコーヒーで乾杯”という歌詞のように、コンビニでいれたてのコーヒーを買う、私の最近の習慣に着目して、今っぽさを取り入れられたかなって思っています。

 逆に、“君といれたら最高です”という歌詞は、私にとっては面と向かってそうそう言わない言葉だなと思ったし、逆に歌だから伝えられる素敵な言葉でもあるので、甘くなりすぎないよう歌唱のバランスに気を配りました。

 レコーディングでは小節ごとに区切ったりしながら歌うこともできますが、ライブではそうはいきません。どこで息継ぎしようか、いまからヒヤヒヤしています(笑)。

日常に寄り添う歌詞で、聴く人を勇気づける。自然体な様子が魅力的だ 撮影/松島豊
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy