0518
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

脚本から関わった映画『はざまに生きる、春』主演の宮沢氷魚「発達障がいと一言に言ってもいろんな特性がある」

SNSでの感想
宮沢氷魚さん 撮影/junko、ヘアメイク/吉田太郎(W)、スタイリスト/庄将司
目次
  • 初めて初稿の脚本の段階から関わった作品
  • 発達障がいのある役を演じて知った「気づき」
  • 大人になってから発達障がいの特性が顕著になる人も

 モデルとしてデビューした後、俳優としてさまざまな作品に出演し、近年では数々の映画祭でもその実力を認められ、破竹の勢いで活躍中の宮沢氷魚さん。そんな宮沢さんが主演を務める映画『はざまに生きる、春』が5月26日から公開されます。

 出版社で漫画編集者として働きながら自主映画を制作してきた葛里華さんが、初めて長編作品の監督と脚本を手がけた作品で、発達障がいを持つ画家の青年・透と女性編集者・春の恋の行方を描いたストーリーです。

 本作で、青色が大好きな画家の屋内透を演じた宮沢さんに、役への思いや作品を通して考えたこと、発達障がいについての気づきなど、いろいろと語っていただきました!

初めて初稿の脚本の段階から関わった作品

──脚本を初めて読んだときから惹(ひ)かれるものがあったと伺いました。そのときの印象はどんなものでしたか。

 初めて読んだときから物語として面白く、しかしもっとブラッシュアップすればより素晴らしい作品になる自信があったので、そこに賭けてみたいという気持ちがありました。

 それに、今作の監督も務めている葛(里華)さんの“熱量”みたいなものを脚本から感じたんです。そんなところにも惹かれて「よりよいものを一緒に作りたいな」という思いが湧き、僕からも「ここをもっとこうしたほうがいいのではないか」などといったことを話したりもしました。

──特にどういう部分が気になって、宮沢さんからもお話されたのですか。

 流れるようなストーリーの進み方を意識した提案や、「クライマックスをもう少しわかりやすく変えたほうがいいんじゃないか」といった提案をさせていただいたりしました。

 でも、やっぱり実際にやってみないとわからないこともあったので、セリフの言い方も、葛さんや春ちゃんを演じた小西(桜子)さんと撮影をしながら少しずつ変えていきました。

 最初の段階の脚本はあくまでもスタートラインであり、みんなで熟考を重ねてどんどん鮮明になっていった感じです。

宮沢氷魚さん 撮影/junko

──役者さんが初期の脚本から関わることは珍しいのでは?

 僕もここまで脚本に自分の意見を言わせていただいたことは今までなかったですし、演じ手として、スタッフや共演者も何も決まっていないゼロの段階から携われたことは、僕にとっては新しい経験でした。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy