0715
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
漫画・アニメ

オカルトブーム再び⁉ アニメ化も期待される『ダンダダン』現代にアップデートされた“オカルト”の描かれ方

SNSでの感想
『ダンダダン』(龍幸伸/集英社)
目次
  • 現代的にアップデートされたオカルティックな怪異
  • そもそも「オカルト」って?
  • 『ダンダダン』に登場する怪異たち
  • オカルトと民俗学に見られる共通項

 累計発行部数2900万部を突破した『SPY×FAMILY』(遠藤達哉)、2023年3月にアニメ制作が発表された『怪獣8号』(松本直也)、現在アニメ絶賛放送中の『地獄楽』(賀来ゆうじ)など、Web漫画サービス「少年ジャンプ+(以下、ジャンプラ)」の勢いが止まりません

 そして、同サービスの中でも次のアニメ化が期待されているのが、オカルティック怪奇バトル漫画『ダンダダン』(集英社/龍幸伸)です。

 幽霊は信じるが、宇宙人を信じていない女子高校生・綾瀬桃と、オカルトマニアだが、幽霊を信じていない男子高校生・高倉健(オカルン)。ふたりはさまざまな怪現象や不可思議な事件に巻きこまれながら、やがて同級生の愛羅(アイラ)、ジジとともに、奇妙な怪異たちに立ち向かっていきます。高い画力で描かれるアクションは爽快で、軽快なテンポで物語は展開します。

 バトルシーンでは主人公たちが超能力や憑依された妖怪の特殊能力を使い、また、敵対(あるいは共闘)する怪異には宇宙人や、都市伝説由来のキャラクター、UMA、幽霊などが登場します。多くの要素が入り交じることから本作は、“ジャンル不在”“ジャンルミックス”と称されることも少なくありません。

 ですが原作者は、1970年代に第一次ブーム、1990年代に第二次ブームがあったとされる「オカルト」をモチーフにキャラクター造形や物語を構築しており、不可思議な存在を手当たり次第に取り入れているわけではありません。

 この記事では、各年代で語られていた「オカルト」の背景と内容を振り返りつつ、本作の中で現代版に更新され、新しい魅力を獲得したオカルティックなキャラクターたちの特徴を、民俗学の視点も取り混ぜながら紐解いていきます。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy