0415
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ

芸人の生き様は多種多様。お笑い劇場に通ってナマの漫才やコントを見ることが大好きなフリーライター・若林理央が、今後に期待の高まる若手芸人にインタビューをする連載です。生い立ちや知られざる裏話、お笑いに対する思いをたくさん語っていただきます。
読めば必ず気になる芸人ができるはず。ときに熱く、ときに笑いにあふれたエピソードが満載です!

バラエティ

ミキ・昴生に芸歴1年目で“天才”と呼ばれた芸人コンビ爛々、憧れは「トムとジェリー」「浜崎あゆみ」

SNSでの感想
爛々は“しゃべくり漫才の天才”と呼ばれても驕らず、お客さんから友達のように思ってもらえる等身大の自分を大切にしている 撮影/門川裕子
目次
  • ミキ・昴生からエレベーター前に呼び出され「お前、天才!」
  • なにわのしゃべくりシンデレラガールと「チョメ!」
  • 東京と大阪、史上初のオールラウンダーを目指して
  • 「等身大の私たちが、漫才でみんなの気持ちを代弁できたら」

 NSC(吉本総合芸能学院。主に新人タレントを育成する目的で作られた養成所)を卒業しても、プロのお笑い芸人になれるのはごくわずか。その狭き門をくぐり抜けた女性漫才コンビ・爛々は、芸歴1年目で「すごいしゃべくり漫才師がいるらしい」とウワサになり、ミキの昴生さんから「天才!」と言われたそうです。ずば抜けた才能を持ちながらも彼女たちが大切にしているのは、等身大の自分でいること。「ライフステージが変わっても、自分たちの漫才を見てくれる人と一緒に歳を重ねたい」と語る爛々の大国麗さん・萌々さんの熱い思いを聞きました。

(『THE W』2022決勝敗退時の心境や、おふたりの幼少期、まさかすぎる結成の瞬間についてはインタビュー第1弾で詳しく語っていただきました→女性芸人コンビ爛々、『THE W』決勝で敗退するも「安心した」ワケは? 結成の瞬間は「チョメでした」

ミキ・昴生からエレベーター前に呼び出され「お前、天才!」

──デビューしたころ、萌々さんはまだ19歳ですよね?

大国麗さん(以下、大国):そうなんです! よしもと漫才劇場(以下、マンゲキ)に所属するためにしゃべくり漫才をしていたとき、先輩たちの間で「しゃべりがすごいコンビがいるぞ」とウワサになっていたようで、NSCの舞台の動画をチェックしてくれる方や、所属のために新人の芸人が戦う“チャレンジバトル”を舞台袖から見てくださる方もいたと聞きました

 そうやって言われているうちに、私たちはしゃべくり漫才をするコンビなんだと感じました。しゃべくりって、すごく難しいんですよ。コント風漫才のほうがウケるタイミングが作りやすかったり、お客さんがわかりやすかったりするんです。でも思い返せば、NSC時代に萌々ちゃんが最初に作ったのもしゃべくり漫才でしたね。

萌々さん(以下、萌々):コント風の漫才も作ったことあるんです。ただ私たちの場合、ふたりともキャラが濃すぎるので「それなら、しゃべくりでそのままキャラ出したらいいやん」ってことになって。覚えているのは、ミキの昴生さんから劇場のエレベータ前で「ちょい来い」って呼ばれて、「お前、天才!」って言われたことです。めっちゃうれしかったですね。

──ミキの昴生さんは、ふたりにとって大先輩ですよね。それはものすごく励みになりますね。

大国萌々ちゃんには「私らはやっぱりしゃべくりや」っていう芯があるんです。私はやっぱり勝ちたいから「コント風漫才をやってもええんちゃうか」って考えたこともあるけど、変えなくてよかったと思いますね。

──爛々はいい意味で、昭和から受け継がれてきたしゃべくり漫才師というイメージがあります。

大国:よく言われますが私は意識していません。でも動画を見ていたら、萌々ちゃんに漫才師魂が宿ってるのを感じますね。

萌々さんについて聞くと、饒舌になり冗談を言わなくなる大国さん。萌々さんの才能を誰よりも理解していることが感じられた 撮影/門川裕子
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0