0522
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
バラエティ

でか美ちゃん「両親は“ぱいぱいでか美”をあっさり承諾」「BiSやでんぱ組.incは開拓者」衝撃の軌跡をまるっと語る

SNSでの感想
でか美ちゃん。明るい笑顔から儚げなまなざしまで、さまざまな表情を見せてくれた 撮影/矢島泰輔
目次
  • 進学校に進んだものの、歌手を目指して上京し専門学校へ。両親はあっさり承諾
  • サークルの先輩が悪ノリでつけた『ぱいぱいでか美』を気に入ってそのまま芸名に
  • ソロに転向し再始動、シングルのジャケット写真に自身の“ヌード”を選んだ理由は
  • 『有吉反省会』出演がきっかけで、芸能活動を本格化。両親に芸名を伝えると──
  • ライブハウス出身アイドル、でんぱ組.incやBiSは「雲の上のような存在だった」
  • ボートレース場での営業は「誰も私を見ていなかった」、同性ファンは年下が多数

『有吉反省会』(日本テレビ系)に出演し、“ぱいぱいでか美”という個性的な芸名でブレイクした、歌手でタレントのでか美ちゃん(32歳)。2021年末に改名した後は、『こねくと』(TBSラジオ)の火曜パートナーや『BOOKSTAND.TV』のMCを務めるなど、幅広く活動しています。

 マルチな才能を生かして活躍している彼女に、学生時代のエピソードや、「ぱいぱいでか美」命名のいきさつ、試練だと感じた出来事について詳しく聞きました。

進学校に進んだものの、歌手を目指して上京し専門学校へ。両親はあっさり承諾

──学生時代はどういうタイプでしたか?

「“暗かったんでしょ”って思われがちなんですけど、全然そんなことなくて、非常に活発な子でしたね。クラスの中心に立ちたがるタイプだったので、学級委員にも自分から立候補していました」

──いわゆる“陽キャ”と呼ばれるような立ち位置だったのですか?

「うーん、明るい人間側だったとは思うんですけど、なぜか闇っぽい部分も常にあったんですよ(笑)。クラスのみんなをまとめたり、頼られたりするけれど、自分の悩みは誰に言えばいいんだろう……って心の中では感じていました」

──いつごろから、芸能活動をしたいと考えていましたか。

「芸能活動をしたいというよりは、中1のころから、すでに東京に行きたいなって思っていました。当時、三重県に住んでいたのですが、タワレコ(タワーレコード)もなかったし、好きなブランドの服などを買うには、わざわざ近鉄パッセ(名古屋にある百貨店)まで行かなきゃいけなかったんです。音楽に興味を持ち出してからは、明確に歌手になりたいという夢ができて、上京したい気持ちがすごく強くなりました

──歌手になりたいという夢を抱きつつも、中学から学習塾に通い、進学校に入ったでか美さん。その後の具体的な進路は、いつごろ決めましたか?

「高校に入ってからは、東京に行きたい気持ちを改めて両親に伝えなきゃって感じていました。歌や音楽のスキルを磨ける専門学校に行きたかったんですが、周りはみんな大学に進学するような進学校だったので、両親の反応が心配でした。でも、結構な覚悟をして伝えたら、“いいんじゃない”みたいに結構あっさり許されましたね(笑)」

サークルの先輩が悪ノリでつけた『ぱいぱいでか美』を気に入ってそのまま芸名に

──東京の専門学校では、どういう勉強をしていたのですか?

「日本工学院専門学校っていう、音楽の専門コースがある学校でした。芸能系以外に、鍼灸のコースなんかもあったりするんですよ。学校が大きすぎて、みんながどんな勉強をしているのかわからない感じでしたね(笑)。私はボイトレ以外にも、作詞・作曲の勉強など、音楽全般について学んでいました。それと、学校の敷地内に系列の大学があったんです。その大学のサークルに入って、大学生の先輩たちとバンドを組みました

──印象的な『ぱいぱいでか美』という呼び名も、サークルの先輩につけられたんですよね。

「そうです。悪ノリが通じるような仲良しの異性の先輩がいて、あだ名としてつけてくれました」

──抵抗感はなかったですか?

「それまでは、自分の胸が大きいことを隠して生きてきたんです。服装に気を遣っても、胸の大きさってバレるじゃないですか。でも人生で初めて、胸が大きいことを明るくいじられたことで、それまで隠していたのがバカらしくなったんです」

──ポジティブにとらえたのですね。

「逆に、自分の身体を認めてあげられるきっかけになりました。胸がでかいことも個性のひとつだと気づかされたんです。チャームポイントと思っていいんだなって、前向きになれましたね」

──『ぱいぱいでか美』というあだ名を、自分からも名乗るようになったのですか?

「そうですね。気に入ったのでアピールしていたんですけど、周囲になかなか浸透しなかった。バンド活動での芸名として使い始めてから、だんだんと周りからも呼ばれるようになった感じです。

 ただ、これだけは伝えさせてください。信頼関係があった相手から名付けられたから受け入れられたし、ポジティブに考えられるようになったんだと思います。そんな人いないと思うけど、絶対にマネしないでくださいね!」

テンポのいい受け答えがとても気持ちよく、おかげで話が弾みました 撮影/矢島泰輔
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy