0301
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

福士蒼汰が『THE HEAD』Season2で念願の海外作品初出演「まさか自分が出演できるとは」後輩俳優へエールも

SNSでの感想
福士蒼汰さん 撮影/junko、ヘアメイク/佐鳥麻子(VITAMINS)、スタイリスト/オクトシヒロ
目次
  • ひとつひとつのセリフに向き合い、いざスペインへ
  • 海外では実践的な芝居が求められる
  • 自分が作った道に後輩俳優が続いてくれたら
  • 現地で買ったTシャツで、急きょセルフスタイリング!

 長身と爽やかなルックスで、10代のころからドラマ・映画・舞台など幅広い分野で活躍し、いまや日本のエンタメ界を牽引する存在となった俳優の福士蒼汰さん。そんな福士さんが、念願の海外作品初出演を果たしたHuluオリジナル『THE HEAD』Season2が、6月17日から90の国と地域で放送・配信されます。

 本作で、重要な役どころであるコンピューターエンジニアのユウトを演じた福士さんに、役への思いや海外と日本の作品づくりの違いなどを語っていただきました!

ひとつひとつのセリフに向き合い、いざスペインへ

──まずは今作への出演が決まったときの感想を教えてください。

 ずっと20代で海外に挑戦したいという夢があったので、その念願が達成されてすごく嬉しかったです。そのことを聞いたのが舞台の公演中だったので「これはどちらも頑張らなければ!」と思い、アクティング・コーチと一緒に「どうやって役へのアプローチをしようか」「どういう風に抑揚をつければいいか」といったことを考えながら、ひとつひとつのセリフと向き合い、準備を整えてから撮影地であるスペインへ向かいました。

──今回海外の作品に初めて参加するということで、何か特別に準備したことはありましたか?

 やはり事前にアクティング・コーチに教えていただいたことです。英語だと、例えば同じ「I don't know」でも、抑揚のつけ方や伝え方で全然意味が違うので、そういう部分はネイティブの方も交えてレッスンをしました。そこは一番の違いだったし、言語が違うからこその面白さだと感じました。

フムフムニュースのマスコットキャラクター・フムッフィーを見つめる笑顔の福士蒼汰さん 撮影/junko

──実際に現地での撮影を経験して、日本とは違う撮影の仕方や「こんなやり方があるんだ」と思ったことは?

 今回に限ってかもしれないのですが、撮影が2班体制になっていて、AチームとBチームに分かれていたんです。基本はAチームがメインで撮影をするのですが、ライトなシーンやポップなシーンはBチームが撮っていました。

 Bチームは台本に書いていないエキストラカット(現場での判断で追加撮影されたカットや予備映像のこと)も撮っていて、例えば、本を読んでいるだけのシーンでも「ちょっと怪しい感じで」「素直な感じでやってみて」みたいにいろいろなパターンを撮ったんです。そういう細かいバックヤードのようなところだけ別チームが撮影するということは、日本ではほぼないと思います。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 4
きゅん! 0
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 4
きゅん! 0