0418
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
芸能

山崎裕太『あっぱれさんま大先生』卒業後も続く明石家さんまとの関係、「やりたくなかった」芸能界で39年生きてきたワケを語る

SNSでの感想
山崎裕太さん。どんな質問に対しても誠実に、等身大の思いをぶつけてくれた 撮影/矢島泰輔
目次
  • さんまさんに「頑張れよ」って言われたら、「お前も頑張れよ!」って
  • 初めは芝居なんてやりたくなかった、でもやらざるを得なかった
  • 自分のやりたいことが初めて叶ったのはSTARSでのバンド活動
  • 自分をブラさず、発言に責任を持って堂々と生きていきたい

 1988年から1996年まで、芸人・明石家さんまさんが先生となって、生徒である子どもたちと軽快なスタジオトークを繰り広げる伝説のバラエティ番組が放送されていた。その名も『あっぱれさんま大先生』

このたび2023年7月1日に、『あっぱれさんま大先生2023同窓会スペシャル』(フジテレビ系)の放送が決定。特番として帰ってくる同番組に、初回放送から出演していた人気生徒の“ゆうた”こと、山崎裕太さん(42)も出演する。

 当時、番組に出演していた生徒たちのほとんどは、すでに芸能界を引退して一般人に。今回は、そんな生徒たちに働きかけ、1年の歳月をかけて同窓会を実現させた山崎さんにロングインタビューを敢行! 3歳のころ、迷子になったことをきっかけに芸能界入りし『あっぱれさんま大先生』に出演する話や、思春期時代の葛藤、そして現在の芸能界でのあり方などを、じっくり語っていただきました。

さんまさんに「頑張れよ」って言われたら、「お前も頑張れよ!」って

 僕が『あっぱれさんま大先生』に出ていたのは約7年4か月。思い出がたくさんあるので、もっとも印象的なエピソードを聞かれると、“全部です”と答えたいくらいなんです。むしろ、どんなエピソードを聞きたいですか? っていうくらい。ただ、さんまさんは僕がヘソを曲げたら何もしなくなってしまうことを、わかっていた。だから、怒るってことはしませんでした。そのあたりはすごく絶妙なバランスで接してくれていたと思います。生徒たちの年齢はバラバラで、僕は男の中でいちばん年上。最後のほうは、みんなの子守りをしているようでした(笑)。

 思えば小学2年生から中学2年生まで、いわゆる思春期を『あっぱれさんま大先生』で過ごしたなって。芸能界は、小学校高学年から中学に入るくらいまでが、いちばん辞めたかった時期です。やりたくなかったけど、仕事だから……と割り切っていた。番組では、ちゃんと笑いをとりにいかなきゃいけないよなっていう思いがあった。見た目はどんどんやんちゃになっていったけど、出演している以上、責任を持ちたかったんです。

 番組が終わってからは、さんまさんとお会いする頻度は年に1回くらいかな。コロナ禍もあったし、ここ数年はあまり会えていなかったですけど、毎年、連絡はとっていました。誕生日とかね。「おめでとう」って連絡すると、「ありがとう」って、それくらい。僕の誕生日には何も来ないですよ。さんまさん、人の誕生日は覚えてないから(笑)。芸能界で不祥事が起こると、ちょっと冗談で「僕は何もやってません!」「ホンマか〜?」とか送り合うんです。最後はいつも「頑張れよ」って言ってくれるので、僕は「お前も頑張れよ」って。そうすると「合格!」って返ってきます(笑)。

さんまさんや生徒の仲間たちとの思い出を話す山崎さんは少年のように目を輝かせ、とても楽しそうだった 撮影/矢島泰輔
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 8
うるうる 3
ほっこり 3
びっくり! 1
なるほど! 3
きゅん! 0
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 8
うるうる 3
ほっこり 3
びっくり! 1
なるほど! 3
きゅん! 0