0519
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
あたらしい

「500歩しか動けないサッカー」がじわじわ浸透中。老若男女、運動神経問わずコミュ力アップの効用も

SNSでの感想
ミズノが考案した「500歩サッカー」 写真提供/ミズノ
目次
  • 歩数制限があるからこそ、誰でも一緒にプレーできる
  • 「500歩サッカー」を婚活イベントで採用する自治体も

 「運動量が多いスポーツ」と聞いたら、あなたはどの競技が思い浮かびますか?

 ボクシング、マラソン、バスケットボールなどなど、試合時間中、常に動きを要するスポーツはいろいろありますが、その中にサッカーも含まれるのは間違いないでしょう。

 ポジションにもよるものの、1試合で約90分コートを駆け回らなければならないサッカー。想像以上に体力を使うからというわけではありませんが、プロのサッカー選手の平均引退年齢は25~26歳と、ほかのプロスポーツよりも早いとされています

 体力に自信のない人には楽しめないスポーツ──そんなイメージを変える新たなサッカーが2019年に誕生しました。

 それは、1人500歩しか動けないという、行動が極端に制限された『500歩サッカー』。開発したのは総合スポーツ用品メーカーの『ミズノ』で、当サイトで紹介した「ミスを怒らず、みんなで助け合う」を理念に掲げた少年野球大会(ミズノベースボールドリームカップ)など、さまざまな形でスポーツ振興を図っています。

 「500歩しか動けないのに、はたして競技として成立するのか?」という疑念を晴らすべく、さっそく試合会場に足を運びました。

歩数制限があるからこそ、誰でも一緒にプレーできる

 7月15日に東京・江東区のBumB東京スポーツ文化館で開催された「ゆるスポーツランド 2023」。年齢、性別、運動神経の優劣にかかわらず、スポーツに親しむ人を増やすことを目標に、『世界ゆるスポーツ協会』が主催するこのイベントのプログラムの一環として、500歩サッカーも行われました。

500歩サッカーが行われたイベント「ゆるスポーツフェス2023」。ほかにもブラックホール卓球やイモムシラグビー、トントンボイス相撲といったユニークなスポーツプログラムで構成 撮影/松平光冬
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy