1001
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ルポ

《横浜市》逃走中のアミメニシキヘビ、飼い主が語った“最悪のシナリオ”

SNSでの感想
逃げたアミメニシキヘビ(飼い主の男性提供)
目次
  • 体温を感じたほうに飛びかかる
  • まだ見つからないのが不思議
  • 仮に戻ってきたとしても──

「ヘビは逃げるのがうまい動物というのはわかっていたんですが、自分の管理不足。窓を換気していたことも含め人的ミスを重ね、逃げられる事態になってしまいました」

 と飼い主の男性は申し訳なさそうに話す。これほど大きな騒動を巻き起こすことになろうとは想像もできなかったに違いない。

 横浜市戸塚区名瀬町のアパート2階の部屋で飼育されていたアミメニシキヘビが6日に逃走してから10日がたつ。神奈川県警や横浜市消防局などが付近の捜索に駆り出される中、飼い主の男性も責任を感じて捜索に加わってきたが、ヘビはどこへ行ったのか手がかりさえつかめていない。

 逃げたヘビは体長約3・2メートル、体重約10キロ超と巨大。ひとり暮らしをする飼い主の男性は6日午前8時半ごろ、ヘビをケージに入れロックした状態で、換気のため窓を網戸にして外出した。同日午後9時ごろ帰宅すると、ケージのロックが外れてヘビはおらず、網戸のスライド部分が10センチ程度ずれて隙間が開いていた。

「ヘビは缶ビールくらいの太さです。おそらく寄りかかった重みで網戸がずれ、多少うねうねしながら隙間を広げて逃げ出したのではないかと思っています」(飼い主の男性)

 アミメニシキヘビは人に危害を加えるおそれがあるため、飼育に許可が必要な「特定動物」に指定されている。

 飼い主の男性は許可を得ていたが、届け出ていたガラス製ケージとは異なる木製ケージで飼育しており、ケージの変更を連絡していなかった。

 毒は持っていないが巻きつく力が強いため、周辺住民はおびえながらの生活を強いられている。

「長く飼育する中、部屋でケージからヘビが出てしまうことは正直あった。私の管理不足でした」(飼い主の男性)

 部屋から逃げ出したときの想像力が足りなかったことは間違いない。

 男性が飼育するヘビは計8匹。子どもの頃からヘビが好きだったという。

「母親はヘビが大嫌いなので飼うことができず、飼育するようになったのは成人してから。図鑑などを見て、憧れというか、こういうのを飼えたらいいな、と思っていました」

 逃げたアミメニシキヘビは飼っているなかでは2番目に大きな個体で、3年半前にペットショップで購入した。

「最初は体長約40センチで生後1か月程度だったと思います。とぐろを巻いて手のひらに乗るサイズでした」(飼い主の男性)

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0