1206
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
社会

【愛子さまの軌跡#1】“特別な環境で育つ子”へ、ご両親が注いだ愛情と教育

SNSでの感想
2歳を迎えられる愛子さまのお誕生日に際し、東宮御所にて(2003年11月) 宮内庁提供
目次
  • 幸せいっぱいの誕生会見
  • 同年代の子どもたちとの交流の場を
  • 誹謗中傷にさらされて
  • 相撲や言葉遊びに強いご関心

 2021年12月1日、天皇家の長女・愛子内親王殿下は、20歳の誕生日を迎えられる。同月5日には、成年皇族となられる行事が執り行われるが、お召しになる白いドレスができあがってきたという。

 愛子さまはドレスを身にまとわれて、鏡に映ったご自分の姿をご覧になり、はにかまれたという。そんな初々しいお姿をそばでご覧になっていた天皇・皇后両陛下は、改めてわが子の成長にあふれんばかりの笑顔を見せられた。

 愛子さまは、来年元日の「新年祝賀の儀」へのご出席が、成年皇族として初の公務となるのを皮切りに、さまざまな公務へご出席される予定だ。

 両陛下が歩んでこられた「国民を思い、国民に寄り添う」という思いを、どのようなお気持ちで受け継がれていかれるのだろうか。

 愛子さまが成年皇族になるまでの、幼年期から現在までのご成長をレポートしたい。

幸せいっぱいの誕生会見

 2001年12月1日午後2時43分、愛子内親王殿下は宮内庁病院で誕生した。皇太子殿下同妃両殿下(現・天皇皇后両陛下)にとって、ご成婚から8年目の、待望の第一子。

「敬宮愛子」というお名前と称号の由来の原典は孟子。両殿下の「人から愛され、人を愛するような人間になってほしい」という願いも込められていた。

 男子の親王殿下ではなく女子の内親王殿下だったことから、皇統問題は解決されないままだったが、お世継ぎ問題で悩み続けてきた両殿下にとって、ひとつの命の誕生は何よりの喜びであったという。

 雅子妃は、愛子さまご誕生後の初めての会見で、「生まれてきてくれて、ありがとうという気持ちでいっぱいになりました」と、ご感想を述べられ涙ぐまれた。

 皇太子さまは、そんな雅子妃の背中にそっと手をのばされて、気遣われた。おふたりの仲睦まじいご様子が映し出された会見だった。

初めてのお誕生日を迎えられ、少しふくよかに(2002年12月) 
読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 2
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 2
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0