0528
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
社会

【愛子さまの軌跡#3】中学時代から成人されるまでの“試練”と“成長”をいま振り返る

SNSでの感想
20歳のお誕生日に際し、愛犬とともににこやかに微笑まれる愛子さま 写真:宮内庁提供
目次
  • 深夜まで勉学に励まれた理由とは
  • 両殿下のしつけが問われて──
  • 戦争について熱心に学ばれる愛子さま
  • “激ヤセ”の時期を乗り越えられて
  • 現在、そしてこれからの愛子さまのご動向は

 12月1日に成年皇族となられた天皇家の長女・愛子内親王殿下は、5日に行われる成年の行事で天皇陛下から宝冠大綬章(勲一等宝冠章)を親授される。

 続く儀式では、肌の露出が少ないドレスのローブモンタンから襟元が開いたライトブルーのドレス、ローブデコルテに着替えられて、天皇・皇后両陛下に深々と頭を下げてごあいさつをされる。一連の所作を何度も練習されたという。 

 それは、新しい親子関係の始まりでもある。

深夜まで勉学に励まれた理由とは

 2014年4月、学習院女子初等科から中等科に進学した愛子さま。入学式の朝、正門の前で待ち受けていた記者団の前で、これから始まる中学校生活について問われると、

「楽しみにしています」

 と、元気よく述べられた。実は、これが初めての正式な場での肉声だった。

 記者団は「これまでの愛子さまは、恥ずかしがりやで人前に出るのが苦手なイメージがありましたが、この日は堂々とごあいさつをなさったので驚きました」という。両サイドで愛子さまを見守る皇太子ご夫妻(現天皇・皇后両陛下)は終始、笑顔だった。

2014年4月、学習院女子中等科の入学式で雅子さまとともにうれしそうな笑顔を浮かべられる愛子さま

 中学校生活が始まると、愛子さまは初等科とは違った新しい環境になじもうと努力された。ところが、3か月を過ぎると、欠席や遅刻が次第に増えるようになってきた

 雅子妃殿下は、愛子さまが小学生のときのようにお付き添い登校をすることこそなかったが、愛子さまの疲れている様子にご心配されているといわれた。

 そのころの愛子さまは、学校から帰ってくるとおやつを召し上がられて、夕食までに学校の宿題を済まされるのが日課だった。だが次第に、宿題の量と調べものの難しさゆえに、なかなか終わらなくなったという。新しく始まった学校生活の疲れも出て、仮眠をされてしまう日もあったそうだ。

 結局、晩ご飯の時間もずれて夜遅くになることもあった。それから深夜まで再び勉強に取りかかるという受験生のようなスケジュールが続いたというが、なぜ、それほどまでに勉学に集中なさったのだろうか。その理由について、

「宮さま(愛子さま)は、中等科のクラスに中学受験をして入学してきた外部受験生たちに、勉強で負けていられないというお気持ちが強かった。提出物も中途半端なものは出したくないというこだわりがあったそうです。

 ときには、明け方まで部屋の電気がついていたこともあって、朝起きられない日や体調を崩される日もありました。それは、宮さまが歴史や地理といった科目によって、皇族としてみなに負けてはいけない、手本にならなくてはいけないというお気持ちが強く芽生えていた時期でもあったのです」

 と、当時の東宮職は語っていた。

 それは、愛子さまの皇族としての意識が初めて強く表に現れたときでもあった。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 4
ほっこり 0
びっくり! 1
なるほど! 0
きゅん! 1
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 4
ほっこり 0
びっくり! 1
なるほど! 0
きゅん! 1