1205
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
社会

【愛子さまの軌跡#2】不規則登校を乗り越えられた背景にご両親の献身的な“見守り”

SNSでの感想
ご家族3人で団らんされ、笑顔をお見せになる両殿下と愛子さま(2011年2月) 宮内庁提供
目次
  • 動物や昆虫に愛を注がれて
  • いじめを乗り越え、皇族としての自覚も
  • わが子を信じて添い遂げ続ける

 2021年12月1日に20歳のお誕生日を迎えられる愛子さまが、ご両親と歩んできた軌跡を振り返る短期連載。第1弾では、愛子さまがご誕生されてから、4歳ごろまでの悲喜こもごもをみてきた。(【愛子さまの軌跡#1】“特別な環境で育つ子”へ、ご両親が注いだ愛情と教育)続く第2弾では、さらに成長され、いじめなども乗り越えながら皇族としての自覚を持ち始められた愛子さまのご様子をレポートする。

動物や昆虫に愛を注がれて

 皇太子ご一家と生き物の関係は、とても深い。両殿下は愛子さまのご誕生前からクワガタやカブトムシを育てたり、お住まいのある赤坂御用地で、ケガをしていたタヌキを病院に連れて行って一時的に保護されるなどなさっていた。

 愛子さまがご誕生したときには、やはり赤坂御用地に迷い込んだ雑種が産んだ子犬(「ピッピ」「マリ」)がいたが、2009年に相次いで永眠。翌年、赤坂御用地に迷い込んだのは、今度は母猫と4匹の子猫たちだった。愛子さまが学校でチラシを作って、里親探しをなさったが、母猫と1匹の子猫の里親が見つからずにお住まいで飼うことになったという。愛子さまは最初、母猫を仕草が人間に似ているとの理由から「人間ちゃん」と呼んでいたが、後に「セブン」と改名。子猫は「ミー」と名付けられた。

 その後、生後2か月の保護犬を動物病院から引き取り、愛子さまが「由莉(ゆり)」と命名なさった。

5歳のお誕生日、ポニーで“乗馬”を体験(2006年12月) 宮内庁提供

 愛子さまは、亀も何匹も飼っていて、それぞれに名前をつけていた。また、蝶やトンボなどの昆虫にも詳しいといわれた。

 学習院初等科2年生のときには「いきものがかり」をなさっていた。初等科の卒業文集でも、3つの共通テーマのうち2つが動物についての作文だった。

「『夢』というテーマでは、動物の殺処分がなくなればいいという内容で、『12歳』というテーマでは、ペットの存在で毎日が楽しく生活できる喜びを書かれていました」(元宮内記者)

いじめを乗り越え、皇族としての自覚も

 順風満帆ともいえるご成長だったが、愛子さまが初めて学校生活の中で困難と向き合ったのは、2年生のとき。ある日の朝、「いきものがかり」として楽しみに通学していたのに、突然「お腹が痛い」と言ったのがきっかけだった。 

 侍医が愛子さまとのやりとりで、学校に行きたがっていないことを察知。さらに、雅子妃がよく話を聞いてみると、校内に乱暴な児童がいて登校するのが怖いという。

 だが愛子さまは、学校が好きで行きたいともいう。最初は、雅子妃も「行きなさい」とおっしゃったというが、愛子さまは行きたがらない。愛子さまは「学校に行きたくてもいけない」というつらさを抱えておられた。

11歳のお誕生日に積み木をなさる愛子さま(2012年12月) 宮内庁提供
読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0