1002
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
人物

“デカ盛り弁当”や“2kg超えおにぎり”が話題の「まんぞく弁当」、楽しさをとことん追求する店主の思い

SNSでの感想
名物の「1kg弁当シリーズ」を両手に抱えて笑顔を浮かべる「まんぞく弁当」店主の湯浅孝臣さん 撮影/翌檜佑哉
目次
  • さまざまな職種で管理職を経験。数字重視の風潮に疑問
  • 肩書は気にしない。奥さま以外の家族は“無反応”
  • Twitterから広がっていった“人脈の輪”
  • 「適当×まじめ」、自分が飽きないためのお店作り
  • 先はわかならいけれど「とにかく楽しいことやりたい」

 北海道札幌市の麻生駅から徒歩1分のところに、「まんぞく弁当」というお店があります。

 その名前のとおり、弁当ひとつで満足できるお弁当屋さんで、1kg弁当シリーズ総重量が2kgを超える巨大なおにぎりなど、すごいボリュームのお弁当が並びます。

 それ以外にも、釧路の魚屋さんやカレー屋さんと積極的にコラボレーションするなど、今までの弁当屋とは一線を画すような、エンタメ感あふれるお店作りで、地元ニュースやバラエティー番組にも引っ張りだこな人気店です。

 2年足らずで札幌を代表する弁当屋に成長させた店主、湯浅孝臣(ゆあさ・たかおみ)さんに今までの経歴や、お店作りの戦略、これからの展望について聞きました。

「まんぞく弁当」の外観。ポスターにも勢いがあり、食欲をそそる 撮影/翌檜佑哉

さまざまな職種で管理職を経験。数字重視の風潮に疑問

 高校卒業後、“とにかく都会に出て働きたい”という思いから、当時、新規産業として知名度を伸ばしていたドラッグストア業界に就職した湯浅さん。

 働きぶりが認められ、札幌で数店舗に勤務後、新潟にて商業施設の中にあるドラッグストアで仕入れなどを担当する立場になりましたが、仕入れの金額が下がってきたことから「このままだとお店が厳しそう」と感じ、札幌へ出戻ることにしました。

 その後、写真屋さんやホテル、web系の仕事を経験し、どの職場でも管理者として勤務。その高い能力が評価され、ホテル業界に勤めていたときは、ホテル数店舗の責任者へ昇進することに。

 湯浅さんが責任者になってから、右肩上がりに業績を伸ばし、このまま順調に進んでいくかと思いましたが、新型コロナウイルスの影響でホテル業界が大打撃を受けてしまいます。

「ひとつのものを続けて結果を出したら、飽きてしまう性分」とご自身で語るとおり、いい機会だと責任者まで上りつめたホテルをあっさりと退職し、まんぞく弁当を開店しました。

「管理者を任せてもらえたのは、いろいろと運がよかった」と話す湯浅さんでしたが、さまざまな業種で管理者として勤務したとき、共通する疑問も浮かびました。

「管理者なんで、シビアに数字を求められるんですよね。私は“みんなで仲よく楽しくやろうよ”っていうタイプなんですけど、やはりそれだけではダメなので、“ちょっと、なんだかなぁ”って。だから、自分の裁量でやれる自分のお店をやりたいと思いました

開店当初から人気の「からあげ弁当」(税込350円)。安いのにボリュームたっぷり! 撮影/翌檜佑哉
読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 5
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 1
なるほど! 1
きゅん! 1
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 5
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 1
なるほど! 1
きゅん! 1