1001
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
お仕事

採用担当者に“どうしても欲しい”と思わせた就活生が言った言葉とは?「カリスマ経営者たちのビジネス名言2」

SNSでの感想
※写真はイメージです
目次
  • 採用面接で、いちばん評価された学生
  • 会社に縛られないための名言4つ

 4月の頭に、今月、会社に入ったばかりの新卒社員向けに、カリスマと呼ばれる経営者の方たちのビジネス名言を紹介しました。(記事:人間関係の悩みやミスしたときに思い出したい、社会人1年生に贈る「カリスマ経営者たちのビジネス名言」

 今回は、会社で役立つ言葉を選んだ前回とは異なり、「会社に人生を奪われないように生きるための名言」を選んでみました。

「いきなり、1年目から?」と思われるかもしれません。しかし、社会人としてのスタートのときだからこそ、自分の人生のために、意識してほしい言葉を送ります。

採用面接で、いちばん評価された学生

 名言の紹介の前に、以前、企業の新卒採用の担当者と話をしたときの話です。

 その担当者いわく、「最近の学生の多くは、就活に関するネットの記事を読んで採用面接に臨んでくるため、質問に対して、みんなが同じような模範解答をしてくる」のだとか。

 そこで、「今までに面接をした学生のなかで、“これは!”と思った回答をした学生はいましたか?」と聞いてみました。

 以下は、そのときの会話です。

「1人だけ、とても印象的なことを言った学生がいました。そのときは面接官全員が、“あの学生はいいね。欲しいね!”と意見が一致しました」

「えっ、1人だけ! その学生は採用面接で、どんなことを言ったんですか?」

「ひととおりの質疑応答を終えたところで、その学生が、“1つだけよろしいでしょうか”と前置きをして、こう言ってきたんです。“私は将来、起業を考えています。ですので、もし採用していただいても、申し訳ありませんが3年で辞めさせていただく予定です!”と」

「えーっ、採用面接で、そんなことを!?」

「そうです。いや~、印象に残りましたね。ぜひ、欲しいと思いました」

「“一生を御社に捧(ささ)げるつもりです”という学生よりも、“3年で辞める”と宣言する学生のほうが欲しいですか?」

そこまで強い意志を持って、自分の将来にしっかりと目を向けているなんて頼もしいじゃないですか。たとえ3年でも、社内にいい風を吹かせてくれそうな気がしました」

「なるほど。それで、採用したんですか?」

「いや、合格の打診はしたんですが、ほかの会社にとられてしまいました」

 最初は驚きましたが、考えてみれば、確かに採用担当者の言うとおり、職場に配属したら、猛烈な勢いで仕事を覚えて、リーダーシップも発揮してくれそうです。

 未来志向の企業は、昔のように「会社に服従する社員」ではなく、「会社に縛られない発想をしてくれる人材」を求めているのかもしれません。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 5
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 5
きゅん! 0