0929
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
あの時代

世代や国境を越えて再注目される「90年代の裏原宿カルチャー」。当時の雑誌から“熱狂の時代”を振り返る

SNSでの感想
移動式古本屋「TUNELESSMELODY BOOKSTORE」を営み、90年代ファッションに精通する堀田勇人さんに話を聞きました
目次
  • 「アンダーカバーの新作70万円分プレゼント」という太っ腹企画
  • 当時はおしゃれ男子も読んでいた『CUTiE』
  • パンクの女王、ヴィヴィアン・ウエストウッドの手によるアナーキーシャツ
  • ネット前夜の時代、個人売買の情報誌で一財産を築いた者も?
  • 世代も海も越えて愛される裏原カルチャー

 店舗を持たない移動式古本屋「TUNELESSMELODY BOOKSTORE(チューンレスメロディ ブックストア)」の堀田勇人氏とともに、90年代ファッションを振り返る企画。第2弾では、90年代の原宿から生まれ、またたく間にファッションのメインストリームに成長していった「裏原宿」というカルチャーに焦点を当てて、当時を振り返ります。

【第1弾:「エアマックス95」など90年代ファッションが今の若者にウケる理由とは? 懐かしの雑誌から読み解く

「アンダーカバーの新作70万円分プレゼント」という太っ腹企画

──90年代ファッションを振り返るにあたって欠かせないのが裏原宿というムーブメントですね。藤原ヒロシ氏を筆頭に「アンダーカバー」のジョニオ(※1)こと高橋盾氏、「ア ベイシング エイプ(R)」のNIGO(R)氏はファッション誌で連載をいろいろと抱えていました。

(※1)セックス・ピストルズのジョニー・ロットンに風貌が似ていることからつけられたニックネーム。時代によって「ジョニオ」「JONIO」「ジョニ夫」など表記にブレがある。

ジョニオ氏とNIGO(R)氏による連載「4lom」。『smart』96年5月号(宝島社刊)

こちらは、ジョニオ氏とNIGO(R)氏が『smart』(宝島社刊)に連載していた『4lom(フォーロム)』というコーナーですが、かなり貴重なアイテムを紹介しています。

 原宿のショップ『NOWHERE』の3周年記念に出た缶入りの記念アイテムですが、中身はTシャツにピンバッジ、ステッカーなどなど、今、完品でそろっていたらウン十万円はするでしょうね」

──缶とTシャツで思い出しましたが、「ア ベイシング エイプ(R)」がスプレー缶に入ったTシャツを出してました。「コンセプトショップ」という、ユナイテッドアローズ原宿本店の近くにあった雑居ビルのショップで売ってましたよね。「Technique」というショップもあった気が……。

「90年代後半の話ですね。『Technique』はシュプリームとか扱ってたショップで、確か両方とも材木屋のビルにありました」

──「コンセプトショップ」も「Technique」も名前が一般的すぎて、今ネットで検索してもぜんぜん出てこないんですよ。

そうなんですよ、インターネットってなんでも調べられると思いきや、出てこない情報がたくさんあって。だからこそ、資料としての雑誌の意義が出てくるんですよね。

 この号の『smart』はプレゼントもすごくて、アンダーカバーの新作70万円分が合計30名に当たるという太っ腹企画が」

『smart』96年5月号(宝島社刊)

──うわー、懐かしい。十字架のクロスニット、スカルのモチーフ、デジカモ柄(細かいドットによる迷彩柄)とか、まさしく90年代。それにしても70万円という予算は雑誌不況の今では考えられない額ですね。

「そうですね。このレザーのウエストバッグはスウェーデン軍のアイテムがベースになっていて、一部にスカルの生地が使われている凝った仕上がりです。そういったディテールのこだわりもアンダーカバーならではです」

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 2
なるほど! 1
きゅん! 1
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 2
なるほど! 1
きゅん! 1